そっち系ではないのだけれど。
2012 / 02 / 20 ( Mon )
社会科の時間は、校区内に昔のもの探しを進めてきた。

最後に訪問したのは、忠魂碑のある神社。
この町で出征して帰られなかった方々の名前がたくさん彫られていた。

子どもたちにとって、当然「戦争」なんて、昔のこと。
でも、このお社は、確実に今の時代に願いを伝えている。
これらの方々は郷土に貢献した人たちだ。

神社を出るときに、全員で手を合わせていた。
きっと、何か感じ取ってきたのだろう。




スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

18 : 59 : 34 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アピールする場と、これからのこと。 | ホーム | 得るものはあるのだろう。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1321-549e0085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |