めいっぱいいっぱい。
2012 / 02 / 07 ( Tue )
静岡県東部に大雨警報が出たのは、午前7時9分だったそうで。

警報が出ると、登校を見合わせるようにお願いしていたうちの学校。
よりにもよってこの時刻に発令されるのは、いかがなものか気象庁。

警報のニュースを知ったご家庭の子は、自宅待機。
警報のニュースを知らなかったご家庭の子は、学校。
結局、4割程度の子が自宅待機になった。
さすがに、これでは授業が成立いたしません。

湿度が90%を越え、廊下も水浸し。
強風に傘を折られてくる子も水浸し。
ワタシも同じく水浸し。

とても大変な朝でありました。

もちろん、自宅待機でも登校させても、どちらの判断も「正しい」のです。

ただ、なんだかなんだこんな一日は疲れますね。



スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

22 : 27 : 35 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<負け犬の遠吠え。 | ホーム | 鬼退治。>>
コメント
--やりきれないときってありますね--

そういうとき私は、うるとらまるさんの教えてくださった「流れる川面に墨で字を書くこと」を思い出します。

さながら、永遠の永あたりを。川の流れに筆で、止める・払う・跳ねる・伸ばす…を繰り返す繰り返す。流れに逆らうこともあれば、乗ることもある。

教育だけでなく生きるに通じる喩えだなぁ~と、受け止めています。
by: 由美 * 2012/02/08 01:04 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1316-ccafb8f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |