スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
鬼退治。
2012 / 02 / 03 ( Fri )
うちの学校の給食。
2日の献立に「福豆」がついてきた。
子どもたちは、ざわめく。
福豆がついてくるということは、鬼がやってくる!?

毎年のことなんだそうだけど、うちの学校では
若手教員が「鬼」となって各教室をまわるのだそうだ。
それを小さい頃から経験してきた子どもたち。
その「鬼」の登場をワクワクしながら待っていたのだ。

ただ、若手たちも2日の福豆の登場にフェイントをかけられたらしく、
鬼の用意をすることができなかったそうだ。
確かに、献立表は配るものの、毎日何が出てくるなんかなんてさすがにチェックしていない。
せめても自分が出張のとき、何が出てきたのか気になる程度だ。
(先週の私の出張のときは、カレーであり、ショックだったのだけど)

給食の終わりを告げる音楽が流れた後、放送がかかる。
「まだ給食に出てきた豆を残している子が多いそうですが、
 今日は鬼は出ません。2日ですから。
 だから、早くお腹に入れてください。」

思わず笑ってしまう。
こんな面白さとマジメさが混じった放送が出る学校はおそらく幸せなところだ。

それでも、給食の間ずっと泣き続けた子がうちの教室にいた。
鬼が相当怖いらしい。運悪く廊下側の席の子。
「鬼が来る・・・、鬼が来る・・・。」とずっと怖がっていた。
「大丈夫、先生の田舎の鬼なんて、家の中に上がりこんでくるから。
 そして、家の中を小麦粉だらけにして帰っていくから。
 ソイツに比べたら、怖くないでしょ?」
ダメだった。とにかく鬼が怖いらしい。



そんな献立にフェイントをかけられたのは、若手だけではなかった。
夕方の職員室、学年部で打ち合わせをしていると
「やはり、豆は3日に巻きたいです」と、元気な彼女が言う。
ワタシのクラスにとって、3日はスペシャルデーだったのでイベント系は無理・・・と言っても、
勝気な彼女は豆を巻いて楽しい思いをしたいという。
特に反対する理由もなかったので、福豆を買ってきてもらう話になった。



そんな3日の給食。当然ながら「福豆」は献立の中に入っていない。
ごはんとたまごスープ、そしてギョウザだけの給食。
それでも、うちの若手たちは「鬼」として各教室に回ってきた。
若造も今年初参加。そうやって伝統が受け継がれていくらしい。

隣の教室から、その騒動が聞こえてくる。
当然ながら、昨日泣いた子が「鬼!」と怖がる。
仕方がないから、「先生のそばに机を動かして食べないか?」と言うも、
彼女は動かすことはしない。でも、鬼は怖い。
そんな彼女に「しょうがない。じゃ、先生な、アナタにこれ渡しておくよ。」と
学年で用意した福豆を、他の子より10倍増しで渡しておいた。

教室に入る若造たち。
若造のために、ワタシが豆を投げてやった。
堰を切ったかのように子どもたちも投げる。
面白かったのは彼女。10倍増しの豆を、若造たちに投げつけていた。
調子に乗るワタシ。
彼女に向かって「鬼が怖いという鬼は~そと~」と豆を投げる。
ついつい元気のある男の子たちにも「授業中だけ静かにしている鬼は外」と豆を投げてしまう。

気がついたら、教室は豆合戦。
最初はそんな様子を見ていた女の子たちにも流れ豆が飛んでくる。
3年生の女の子だ。当てられたら当然投げ返す。
「戦争の犠牲になるのは、いつも女性と子どもだよね」といいながら、
どんどん投げ返してしまう子どもたち。
気がついたら、教室の床は豆だらけ。
子どもたちの献立も、豆ご飯に豆スープになりました。


昼休みは当然、教室の掃除。
食べ物を遊びに使うことなんて、もっての他なんだけど。
そんな中、泣いていた彼女が言う。
「先生、鬼怖くなかった。
 家でもお父さんが鬼になるけど、きっと怖くないと思う。」
子どもと同じ「戦争を拡大させたもの」になっていたワタシは意地悪くこう言ってしまった。
「地獄の鬼はもっと怖いよ。」

ちょっとビクつく彼女。
いいんです。怖いものがあるってことは大事です。


スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

23 : 33 : 44 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<めいっぱいいっぱい。 | ホーム | せめてもの抵抗。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1314-032c78cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。