深夜に考える
2005 / 10 / 13 ( Thu )
深夜に考えること。
学級経営が上手くいけば、仕事は楽しくなる。
上手くいかなければ、毎日つまらない。
わがままかもしれないが、子ども達が成長してくるということは
担任にとって幸せでもあり、よい循環が生まれる。

後期に入り、女の子たちのグループ化が顕著になった。
グループ化自体は仕方がない。それが高学年というか
思春期前期の表れですから。
でも分かれ方が気になる。
明らかに学力差で編成されている。
少数派のトップ群、「普通」の多数派、ちょっと苦手な少数派。
この分かれ方が気になる。

女の子というか女性が一般的にそうなのかもしれないが、
「同じ」になりたがる。同じエンピツを持ったり、仲間の輪に懸命に入ろうと
お手紙作戦をしたりする。共通の話題を持ちたいからでしょう。
でも心配なのは、「普通の多数派」。
授業では何も話さないことが多いのに、休み時間にトップ群の発言したことに
ついて話したがる。「ちょっと苦手」な子たちが「○○さんは○○ができないよね。」とレッテルをつけたがる。

友達との話題が誰かの噂話しかないのならつまらないと思う。
この「普通の多数派」が更に増えつつあるのが最近の気になるところ。

やはり壊していこう。
混沌とさせていこう。
本当の友達は甘いことばかり言わない。
たまに手厳しいことを言ってくれる。
「なかよし」と「友達」は差がある。

よし、子どもっちを成長させていこう。
そのための手だてを考えることにする。

では。
スポンサーサイト

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育

02 : 13 : 22 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<体力テスト | ホーム | 後期1日目>>
コメント
--同感!--

うるとらまるさん,始めまして
リンクをたどって流れ着きました。
名前が近いのでビックリ!(ウルトラマンも好きだし)
こちらも特殊な立場ですが,現在小学校に勤めています。深夜までお疲れ様です。
>子ども達が成長してくるということは担任にとって幸せ
同感です。
よろしくお願いします。

by: ○ちゃん(まるちゃん) * 2005/10/17 00:44 * URL [ 編集] | page top↑
----

○ちゃんさん コメントありがとうございます。
子どもたちが成長することで
手ごたえを感じる。
がんばっても給料はさがる現実なんですが、
それでも、成長したと実感することが
私たちの仕事の喜びでありますね。
もちろん、子どもを成長させられるというのは
おこがましいことですが。
私たちはただ手助けしているだけですから。

ありがとうございます。励みになります。

by: うるとらまる * 2005/10/17 16:32 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/13-d5e428cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |