若造君の伸びしろ。
2011 / 11 / 09 ( Wed )
今日は、うちの学校の校内研修。

拙ブログを長い間ご覧になっている方のみ、お分かりになることだが、
今年度からうちの学校に「若造君」が転任してきた。
今日の授業研究は彼の番だった。

まだ授業にツッコミを入れたいところも多々あるのだけれど、
何よりうれしかったのは、彼が子どもにむかって「ささやく」ように話していたこと。

新採時代の彼は、とにかく声が大きかったので、
隣の教室にいたワタシは、
「大きな声で話をすると、いつか子どもが話を聞かなくなるよ。」とアドバイスをした。


今日の彼は、子どもの目をよく見て、ゆっくりと指示を出し、授業を進めた。
とても、しっとりした授業だった。

放課後の校内研修で、
他の先生から「若造君は、落ち着いた授業をする」と言われていた。

まだまだ甘いところも多いのだけれど、自分より若手が育ってくることって、
かなり嬉しいことだと思う。


彼にしたアドバイスは、ワタシが新採の時に言われたこと。
きっと、この繰り返しで、教師の技は伝わっていくのだろうなとも思うんだ。


スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

21 : 56 : 45 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<へんな生き物。 | ホーム | 些細なことながら。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1269-bd96d619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |