スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ワタシたちができることとは。
2011 / 11 / 05 ( Sat )
金曜日は授業参観でした。
うちの学校は、一日どの時間でも参観が可能。

スケジュールの関係で、一時間目に「総合学習」の発表会を開く。
朝早くながら、たくさんの保護者の方。

子どもたちが、がんばる。グループ発表だと、個の力が発揮できない。
だから、一人一人にきちんと自分の学びを伝えさせた。
23110402
子どもたちは、緊張しながらも、自分の発表をすることができた。

発表を終えて、子どもたちは満足げな顔をする。
その顔を見て、ワタシも満足感でいっぱいになった。


午後は学年リレー大会。
いろいろあったうちの学年。
ひとつの「救済策」として、自分が企画した。

うちのクラスは足が遅い。
はっきりいって、トップのクラスとは10秒近く離された。

それでも、子どもたちは「バトンパスを上手になって、記録を上げよう」と奮闘した。

とてもいい笑顔。
負けたけど、悔しいけれど、教師も子どもも満足げ。

23110401

ワタシたちにできることって、こんなことでいいんじゃないのかな。
「教師の信頼回復」「静岡県の教員は・・・」

そんなことよりも、
ワタシたちができることって、子どもとの信頼関係を築き、育てること。
雑音なんて、どうでもいいではないか。


ワタシは、そう思うんだ。

では。
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

18 : 46 : 41 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<幸せな空間。 | ホーム | 何より、甘いもんだ。>>
コメント
--学校の主役は子ども--

そうなんですよね。
それ以外のことに振り回されないで
目の前の子どもたちを大切に育てていく。
見失いかけちゃいけない。
思い出させていただき、ありがとうございます。
by: スリーエー * 2011/11/06 09:39 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1266-ca5d7942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。