説明力をつけよう。
2011 / 09 / 07 ( Wed )
図形の学習は面白い。

今日は、円を重ねた図形について考えた。
円を5つ並べて、真ん中を突き通した長さは何センチになるか・・・という問題。

210906

子どもたちは、話し合う。
悩みながら、答えを出していく。

「2番目と4番目は、長さを求めるときに必要ないじゃん。先生ややこしいことしないでよ。」

「6センチ×3つの円=18センチだ。」
「6センチって、どの長さですか?」
「え、円の長さでしょ?」
「ブー!! 円の長さっていうと、丸くなった長さだと思われるから違うでしょ。」
「直径って言えばいいのに。」
「あぁ、そうか。直径6センチって言えばいいんだな。」

・・・などと騒ぎながら答えを出していく。
ただ答えだけではいけません。最後にノートに自分で説明を書くことを指示する。

答えだけ出せればいいという算数は力を伸ばしません。
そのプロセスを数理的に説明することが、考える力を伸ばしていきます。


エレガンスな算数であります。


では。
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

05 : 54 : 35 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<自由に生きるのは難しい。 | ホーム | 本当に必要な時間。>>
コメント
----

我が子も同じ問題で悩んでいました。
つい、答を教えたくなりましたが・・・
考える力をつけさせるには、待てる余裕が必要ですね。
by: たぬき * 2011/09/07 13:10 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

コメントありがとうございました。
相変わらず返信が遅くてすみません。

> 我が子も同じ問題で悩んでいました。
> つい、答を教えたくなりましたが・・・
> 考える力をつけさせるには、待てる余裕が必要ですね。

そう思います。
「ゆとり」って、この時間のはずなんですけど・・・。

今年度からの厚い教科書ですと、なかなかその余裕が生み出せないんです。
悩みどころです。

by: うるとらまる * 2011/09/16 22:26 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1256-0bf92d38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |