スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
総合的な学習の時間を信じよう。
2011 / 07 / 17 ( Sun )
こんばんは。
先週も、委員会の計画訪問など忙しい一週間でした。

「世代交代を意識して・・・」と、計画訪問は若い人たちの授業力アップのためが中心になるらしく、
うちの学年部でも6年目を迎える二人のために指導案作りをがんばりました。
指導主事のガン見による公開授業を終えた二人は、
「もう切腹ものですよ。」
と一言。

でも、そんな繰り返しで、教師は育っていくものだと思っている。


そんな二人にお疲れ様~と言う間もなく、ワタシには大変な仕事が待っていた。
計画訪問の翌日に、新人のために授業を見せなければならなかった。
それも、自分の担当する「総合学習」。計画訪問でも公開したのに。

泣きなくなる気持ちを抑えながら、指導案を書いた。
計画訪問の続きの指導案。なかなか書けなかったのは、子どもの出す疑問が予想できなかったため。
職員室に9時近くまで残る。さすがに一人。幽霊がきっといる古い校舎。
さすがに灯りを消すときには、玄関まで走らずにはいられなかったし。


そんな木曜日。
神社を調べてきた子どもたちの出した「どうして神社には赤色が多く塗られているのか」という課題を扱った。
3年生には難しい課題。赤色のイメージを引き出していくうちに、「強さ」「生命」というキーワードが出る。
子どもたちの発言もかなり活発で、新採さんにはいいものを見せられたと思う。


しかし、総合は労力を使う。
テキスト作ったり、資料写真集めたり・・・やはり忙しいんだよ。
でも、子どもとともに学ぶのは楽しい。3年生なりに深い世界に足を踏み入れている。


やはり、総合学習は子どもたちを伸ばす。
できれば、もっと、その可能性を信じてみようではないか。


スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

20 : 52 : 02 | 総合学習について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<失楽園って感じ。 | ホーム | 大規模校だからこそ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1241-be78938d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。