スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
余計な仕事が、新たな道を拓くのではないか。
2011 / 04 / 27 ( Wed )
いや、はっきりいって忙しい。
毎日、12時間は学校の中にいる。

今年は、特別支援のこともあり、ちょっと忙しい。
詳しいことは当然書けないのだけれど、
通常学級で、特別支援教育の対象となる子が、どのように学んでいくか
考えて、手立てを講ずることは、他の子たちにも役に立つことだと思えるようになった。

特に、グレーゾーンの子たちにとって。

今、思いついていることを書き込む。
はっきりいって、失敗するかもしれない。
余計な仕事だと思う。でも、無駄ではきっとないと思う。

・教科書のベータ版を作る。
 子どもたちの力がそれぞれ違うのなら、同じ教科書で学んでいく必要は本当にあるのだろうか。
 同じ内容を、ちょっと字の大きさを変えたり、中身をかみくだいたりする教科書だって、あっていいのでは?

・ipad は使えないか。
 コミュニケーションを苦手とする子は、なかなか自分の意見や友達と話し合うことができない。
 自分が思ったことをメモしたり、相手に伝えるためのツールにはならないか。
 文字を認識するのが苦手な子には、鉛筆で文字を書かせる他に、表現する手立てとはならないか。

 ただ、ワタシはそんなにお金は無い! 教育の現場は、そんなに進んでいない!
 だれか、「試しに貸してはくれないか・・・」 思わずソフトバンクの社長さんに、手紙を書きたくなった。


特別支援の子用に、漢字プリントを思案中。
漢字プリントの上に、トレーシングペーパーを載せて、じかに書かせてみてはどうだろう・・・と、
職員室のプリンタで「印刷」を試みる。

プリンタにトレーシングペーパーをセット。
パソコンに戻り、「印刷」しようとすると、先にプリンタが動く。

他の先生の文書が、トレーシングペーパーに印刷・・・。

そんな試行錯誤。余計な仕事。
でも、ワタシ自身が、学んでいくことは、大きいことかもしれないと思って、がんばってみる。


あぁ、忙しい。


スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

05 : 52 : 52 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<結局、遊んでる。 | ホーム | 「スカイ・ツリー」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1228-69d6a6a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。