生きていくこということ1
2006 / 03 / 20 ( Mon )
私の学校では今日が卒業式と修了式。いやぁ、1年間が終わりました。
担任としては満足感でいっぱいです。今なら死んでもいい。
(もちろん、まだまだ死にたくないですが。)

今日は飲みたいと思い、近所のコンビニでビールを購入。
普段はあまり飲まないわたしですが、1リットルも飲みました。
とにかく、気持ちいいのです。

子どもたちに最後に話したことは、「生きていくこと」についてです。

私は新採の時に、受持ちの子を1人事故で失いました。
その子は病院から飛び降りてしまったのです。
わずか3階建てしかない病院で、彼は頭を強打したのです。
なぜ、飛び降りたのかは分かりません。
ただ、その子は、屋上の柵を乗り越えていました。
乗り越えて、下を覗きたかったのでしょうか。
頭はあまりよくない子でした。小学5年生で九九も満足に言えない子でした。
その時は、日曜日でした。学校外の出来事なので、私には何も問われませんでした。

しかし、「柵を乗り越えた」のは、私の指導に原因があったと思うのです。
1年目の教師とはいえども、彼にしっかり物事を教えておくべきでした。
だから、私はそれから子どもたちに厳しく指導をしています。
それが、私の仕事だからです。些細なことでも、できるだけ。

今年は特に無事故であることを願いました。
実は、10年前と同じ、5年○組だったからです。
塩すら巻きました。おかしいかもしれませんが、神頼み状態でした。

スポンサーサイト
23 : 58 : 07 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<生きていくということ2 | ホーム | 女王の教室を見て。>>
コメント
----

卒業式シーズンですね
人の生き死にに関わるときって
いろいろ考えさせられます

巣立つ時には感慨もひとしおです
今日は公立高校の発表でした
残念な生徒もいましたが
やり切った顔で話してる生徒に逆に慰められる気がしました
by: わきゃ * 2006/03/21 00:52 * URL [ 編集] | page top↑
--生きること--

書くのもつらいでしょうことを、しっかりと記されているうるとらまるさん。本当に、自分の中で、忘れてはいけない、と思うことはいくつもありますね。わたしも、生きていくことの大切さ、素晴らしさ、そして自分を愛せる子になれるように・・・ めいっぱい、伝えています。
by: つぼみ * 2006/03/21 21:17 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/122-486f6d46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |