スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
これも「昇華」。
2011 / 02 / 06 ( Sun )
23020401

算数は自分の考えを論理的に表す時間でもある。
3年生の子どもなりに、赤青鉛筆を利用して、
式を立てた意図を明らかにする。

この問題の場合は、赤がもともとお店にあったお米の重さで、
青が新しく入荷したお米の重さ。



「答えの『お店にあるお米の重さ』は、何色で表したらいいんだ?」と、ある子が言う。
すると、女の子が答えた。

「紫でいい?」

この時期になると、担任の予想を子どもたちは超えることがある。
それは、とても面白いこと。


この一言で、子どもたちの表現する力が変わった。
サーッという音が聞こえるかのように、一気に広がっていった。

23020403

23020402

うん。子どもたちなりに「昇華」してきた。

こんな思いをすればするほど、もう学年も終わりに近づいてきた。

スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

12 : 09 : 20 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<記録をとること。 | ホーム | 節分。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1202-d177b7a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。