スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
学ぶことがまず楽しくなければ。
2011 / 01 / 27 ( Thu )
うちの学校の総合学習は「福祉」をテーマにしている。

3年生なりの課題として、
「目の不自由な方」へのバリアフリーを取り上げた。

アイマスク体験をして、子どもたちはいかに視覚に頼って歩いているかを痛感する。
「目の不自由な方は、どのようにして町を歩くのだろう。」

駅前で調査をした。
点字ブロックの存在に喜ぶ子どもたち。
券売機やポストにも点字。自動販売機にも点字。
ホームまで点字ブロックがつながっている! 歓喜歓喜

しかし、ある子が到着する電車を見ながらつぶやいた。
「でもさ、電車のホームに行けても、扉がどこにあるのか分からないじゃん。」
この子の疑問は、核心を突いている。

総合学習の課題に、今日の課題を取り上げていくのは面白い。
折りしも、視覚障害者の方がホームに転落してしまう事故が起き、
鉄道会社にホームドア設置のお願いをしたニュースも入る。

きっと、子どもたちは「どんな駅でも、ホームドアが設置されていたらいい。」というのだろう。
でも、鉄道会社にしてもそんなお金に余裕はないだろうし、
静岡の田舎駅に、どこまで投資する必要もないのだろう。

矛盾することから、どうすればいいのか、
子どもたちになりに考えることが、子どもたちの成長につながる。


3年生なりに、「自分で取り組む」という宿題を出した。
点字や「目が不自由ということ」に関して、子どもたちが自分や家族の協力を得て、
少しずつ調べたり、話し合ったりすることで、子どもたちの考えは増していく。


もちろん、保護者任せではない。
指導者として、資料を用意するし、道筋を示す。
子ども一人ひとりの力に合う課題もアドバイスする。

今年は、新聞やネットで見つけた話題を、3年生に分かる文章に直し、
資料として渡したことが何度もできた。


どの子も「学ぶこと」が楽しくなる学習でなければ意味がないのだ。
子どもの目の前の世界の彩りを豊かにしていくこと、世界を広げていくこと。

自ら、知識を求めようとする子、表現する子、よく考えようとする子
友達と協力しあいながら、子どもたちが学ぶ喜びを存分に味わうことができるよう
ワタシは精進していくのだ。



 
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

21 : 14 : 27 | 総合学習について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スクール!を見る。 | ホーム | 書き順と書く向き。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1197-35eea47b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。