帰郷する。
2011 / 01 / 03 ( Mon )
年越しは、おこりんぼさんと二人で迎えました。
うちの子どもたちは、素早くワタシの実家に帰ってしまっていました。

静岡県の学校は、冬休み明けがかなり早いのです。
だから、子どもたちは早めに帰郷して、親の「監視」のないところで、
羽を伸ばし放題にして楽しんでいたようです。

23010201

元旦の朝は、仕方がないので二人でご飯を食べて、ようやく実家に戻ることにしました。

ま、里帰りといっても、子どもを「回収」しにいくようなものです。
もちろん、久しぶりに兄弟揃って話をするだけでも、親にとってはいいことなのかもしれませんが。


そして、2日の午後には実家を出ました。
東名高速の渋滞に巻き込まれながらも、なんとか4時間で静岡に戻れました。
ワタシの次兄は東京に住んでいるのですが、ワタシより2時間早く実家を出たのに、
ワタシが家に着いた時にはまだ帰宅してなかったそうで、
毎度ながら東京に戻る人たちは大変だなぁと思います。

いざとなったら、静岡県民は高速を降りて、国道を使った方が早いのですから。


みやげと、両親が野菜をたくさん畑から軽トラに積んできました。
それをビニール袋に入れて、運んできたのですが、
家に帰って開けてみたら、このくらいになりました。

23010202
羽だけ娘曰く、
「白菜ピラミッド」。

白菜の値段は高いので、とても助かるのですが、さてここまであるとは。
ご近所に配ったり、白菜付けにしたり、いざとなったらキムチ。

さぁ、おこりんぼさんは、どのようにするのでしょうね。


ま、子どもたちが長くお世話になりました。
親が高いものを食べさせてやれない分、実家でたんと食べてきたようで。
毎度おおきに、であります。


では。
スポンサーサイト

テーマ:教師の休日 - ジャンル:学校・教育

03 : 13 : 57 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<うちの年中行事だから。 | ホーム | あけましておめでとうございます。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1190-97a7a371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |