「糧」
2010 / 12 / 25 ( Sat )
なぜクリスマス・イブの夜に「忘年会」なんだ?
家族サービスをする必要があるのにね。

24日が冬休み前最後の授業日。
正直、授業が間に合ってよかったと思った。
学習指導要領「移行措置」として、例年より算数の内容が多くなった今年度。
子どもたちは忙しかったんだろうなぁ。
ひょっとしたら、詰め込み学習になってしまったのではないか・・・。
という申し訳ないキモチを、発散すべく
「一年を振り返る忘年会」を子どもたちと企画した。

運動会で使用したタイヤを倉庫から引っ張り出したり、
思い出クイズをみんなで出し合ったり、
普段は勉強ばかりだった教室だけど、今日ばかりは和んでばかりでありました。


そして、忘年会。
うちの地域はどの学校も伊豆の温泉に出かけて、お泊りつきの飲み会をする。

出てきたお酒は「プレミアム・モルツ」。
普段は学年部で行動しているうちの学校だが、今回はその枠なしで「飲む」。
昼間と同じくゲームやクイズ。
しばらく保健室に篭って出し物の練習をしていた若手教員の出し物。
気がついたら、それを野次る「中年」「よっぱらい」教員になってしまっていた。
きっとタチの悪い先輩に見えたのだろう。

ただ、安心して飲めた。言いたいだけ言えたし、いろんな人の話を聞いた。
うちの学校は楽しい。ただ、それだけのことを確認できただけで、
ワタシの一年間は満足できたものになった。



ただ、面白かったのは、前の勤務校も同じホテルで忘年会をしていた。
久しぶりに婚活に会う。相変わらず婚活。
他の先生たちとも酔いに任せて話す。気がついたら、会場をまたいでいた。

前のボスとも話す。
自分は、のびのびと仕事させてもらっていると。
今の学校にこれからも尽くしていくと。

そのボスは「これからも連絡くれよ」と言う。

前の学校では飲み会がほとんどなかった。
なんというか、お酒がもっと入れば、もっとよかったのにとワタシは思う。

いろんなキモチが混ざる。
うれしいキモチ、やるせないキモチ、希望と失望、
自分の嫌いだった教員の姿、立ち向かえなかったキモチ
この思いも今年の話だった。あまりにも忙しすぎて、忘れていた思いだった。

ただ、自分としては今の仕事を懸命にやろうというキモチになった。

きっと、どんな方も、今のワタシの思いのもとになっているはずだ。
うまくいえないけれど、嬉しいことばかりが今の自分を形成しているのではなく、
苦い思いや辛いことも、ワタシにきっと役に立っているんだ。
ワタシにとっての「糧」に、きっとなるのだろう。

そうだ。今年の経験は、ワタシにとって貴重な経験なんだ。



夜中、酔いが冷めてきて、露天風呂へ。
夜空がとても美しい。

さぁ、立ち向かおう。
自分の仕事を来年も、しっかりやっていこう。



でも、なんで、クリスマスイブの夜だったのだ?
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

20 : 44 : 49 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<あけましておめでとうございます。 | ホーム | 自転車通勤開始。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1188-b96a0bce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |