小学生には。
2010 / 12 / 11 ( Sat )
個人的な考えなんだけど、小学生が芸能人の真似をし始めたら、
その方の人気はもう少しで衰えると思っている。

なぜなんだろう。
この仕事始めた時は、「なんでだろう~なんでだろう~」と「ゲッツ!」だった。
それから、数え切れないほどのネタを小学生が真似て、廃れていった。

ついに、子どもたちは「ズンドコズンドコ(?)、ラブ注入!」とやり始めた。
ということは、彼(彼女?)も、もう少し?


同じくして、面白かったこと。
「正月の行事」について、子どもたち一人ひとりに資料を与え、発表する活動を国語でしている。
おせち料理を選んだ子が小さな声で動揺している。
「先生、えびと雑煮で、『えびぞう』」
音叉のように、子どもたちに伝播する。
「えびぞう・・・えびぞう・・・」

あぁ、これも同じだなと思う。

ま、しばらくすれば、こんなことは誰も言わなくなるのだけれど。
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

10 : 12 : 58 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<そんなゆるい日常こそ。 | ホーム | 周りが見られるようになったこと。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1181-36365f7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |