スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
好きなものには尽くすタイプで。
2010 / 12 / 04 ( Sat )
気がついたら、師走。
この時期はプロ野球のストーブリーグよろしく、
教員にも「来年度どうする?」という話が出る。

書類を前にしながら、しみじみ考える。

うちの学校は、仕事していて楽しい。
若手が働くし、中堅・ベテランの方々も元気だ。
愚痴を言わない。子どもの話題が職員室によく出る。
いい表れも悪い表れも、ともに共有していく。

朝は、子どもたちとともにグランドを走る。
本当は「勤務時間外」。言う人にとっては「働く必要がない時間」。
それでも、多くの先生が子どもとともにいる。
ボスは、子どもたちの登校を横断歩道で見守った後、
「ありがとう」の旗を持ったまま、グランドを走る子どもたちに声をかける。
教務主任もそれに続く。副ボスはともに走っている。

比較しても意味はないだが、昨年度は「走った」だけであらゆる方面から苦情をいただいた。
何事もしないほうがいい。子どもたちと衝突しない方が「いい生き方」。
叱らない、休み時間は「教員の休憩時間」、勤務時間終了とともに帰宅、
だから日記なんて課さない、返事書く時間がない。
ワタシには、それができなかった。


金曜日の朝、静岡県は「大雨警報」。
子どもたちの登校時刻に強く雨が降り、自宅待機が指示された。
この日は「音楽鑑賞教室」が企画されていた。
ボスは言う。
「雨は予報によるとすぐにあがるから、警報が解除されなくても子どもたちを集めよう。」
先生たちは、素早く動く。
雨上がりの後は強風。子どもを見守るために、ボスたちはいつもの横断歩道へ。

そして音楽鑑賞教室。
はじめの「前説」メンバーに選ばれていた。
役割は「ミニー」という指定・・・お姉キャラで!?
子どもたちはワタシの登場に笑う。そして拍手。
先生方からの「面白かった」というお褒めの言葉×たくさん。
それはそれで、とても温かい。

前述の書類について説明する時、はじめにボスは言った。
「できれば、来年度もこのメンバーでやりたいのですが。」
もちろん社交辞令だろう。でも、キモチは伝わってくるものがある。


書類に言葉を書いていく。
ワタシはこの学校が楽しいと思っている。
自分のもっている仕事への情熱、教員として培った技や知識を
この学校とこの学校の子どもたちのために存分に発揮していく、と。

スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

19 : 10 : 03 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<お先、真っ暗。 | ホーム | まっこと、嬉しきこと。>>
コメント
----

良い学校ですね!
ボスも社交辞令ではなく、本音だと思います。
こんな学校や先生が増えて欲しいです。
by: たぬき * 2010/12/06 11:35 * URL [ 編集] | page top↑
----

本当に勤めがいのある学校のようですね!
互いに学び合っている姿が見えてきます。

『うるとらまる』さんの頑張りに、何時も拍手を送っています。
by: appochan * 2010/12/07 06:24 * URL [ 編集] | page top↑
--参考になります--

初めまして
小学5年の娘を持つ父です。
色々考えさせながら拝見しております。
by: ひろし * 2010/12/07 06:47 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1177-b9ebab96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。