目の前にある大きな壁が見えたのだ。
2010 / 11 / 27 ( Sat )
総合で、地域の福祉施設に行きました。

子どもたちは、お年寄りが利用する施設を見学してきたのですが、
ワタシとしては、ちょっとしたカベにぶち当たった気がします。


さて、「総合」の時間として機能するのかな。


前にも書き込んだことですが、今、うちの学校の総合について計画を見直しを考えている。
来年度から新指導要領完全実施なので、今が見直すチャンスなのだ。

今日、行った活動を、どう活かす?


実は、例年行っている活動。
でも、ワタシとしたら、この活動を総合として、
子どもたちをどのように導いていくのか、なんというか見通しが立たない。

総合の趣旨に合っているのかな?
また全学年で「福祉」活動を行っているのなら、
3年生では、どこまで目指すのか・・・正直、計画がない。
だから、ワタシは迷っている。突き進んでも、来年度以降のこともあるし。
昔の自分だったら考えなかったけど、これって大事なことだと今は分かる。

だから、総合の計画を立てていく・・・うちの学校独自の計画にしていくために、
課題として取り上げていくつもりだ。


別に、その計画通りに動いてもらいたいわけではない。
でも、学校がどのように子どもたちを育てていくのか、授業・活動の具体像を示していく。
今の自分のように、活動の到達点に迷う時があった場合に、灯台のように方向を示す役割をするのが、
ワタシが作ろうとしている総合の年間計画。

今ある計画がちょっとだけ遅れているなぁ・・・と思うと、年度末の作業は大変になっていくことが感じられた。
また、ある程度「寝た子を起こす」提案でもある。


今の学校に来て、初めてカベにぶつかった感じがする。


ま、初任者のころから、「創造的破壊」を目指してきた。
やるしかないんですけどね。


では。これから、来週の食材のお買い物。


スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

14 : 58 : 01 | 総合学習について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<よく遊ぼうと思うんです。 | ホーム | 遊びましょう。手を使って。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1174-b65ca613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |