やはり、研究授業は楽しい。
2010 / 11 / 11 ( Thu )
水曜日は、研究授業でありました。
もうこの年になると、あまりにも緊張しない自分に驚きます。
あくまでも平然と、いつものように授業を展開できました。

「わにのおじいさんのたから物」
おにの子の心の動きを、叙述に即しながら、付箋で書き表したり、
その付箋をもとに、話し合いをしたりしました。

2211101


子どもたちが、お互いにどこまで「かかわる」ことができるかが研修のテーマでしたので、
グループ学習の時間を多く取りました。

ワタシは、聖徳太子ではないので、すべてのグループの話を一度に聞くことは出来ませんが、
子どもたちが、帽子を取ったおにの子の気持ちを考える場面になると、かなり熱心に
話をしている姿を見て、なんだか幸せな気分になりました。

2211102

放課後に教室で、子どもたちのまとめを見ながら、今日の絵日記を仕上げました。

いい授業だったかどうかは分かりませんが、
子どもたちがとてもよくがんばってくれたことは、ワタシの自信につながりました。


では。明日は和歌山に出張です。


寝ますね。疲れました。


スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

00 : 13 : 22 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<14年ぶりに和歌山へ。 | ホーム | あとは、子どもに任せよう。>>
コメント
----

研究授業、ご苦労さんでした。
手ごたえのある授業になったようですが、
教材研究の深さと日頃の授業観・実践が
成果となってあらわれたことでしょう。
by: appochan * 2010/11/11 10:09 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1167-4ad32696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |