スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
この不器用が。
2010 / 10 / 28 ( Thu )
ふぅ、夜中の1時が過ぎた。

今回作っている指導案は「細案」と呼ばれる形式。

学習の目標や授業の流れだけではなく、単元全体の指導計画をはじめ
クラスの子どもたちの実態や、物語についての分析、授業の形態、手立て、声かけなど
授業に対する担任としての願いを書き込んでいく。

朝3時30分に携帯のアラームで起き、6時まで書き込んで、
夕方4時に子どもたちが教室を離れた後から午後6時近くまで教室で書き込んで、
そして子どもや家内が寝静まってから今まで書き込んでも、書き終わらない。

たった1時間の授業にどうしてこんなに思いを書くのだろう?

他のお仕事をされている方にとっては「ムダ」な仕事かもしれない。
もちろん、がんばったって報酬が上がるわけでもないし、
本番の授業が失敗したら、きっとショックだろうし、
それでも、自分の授業の腕を上げるチャンスとして、指導案作りを行っている。


そんな様子を見て、おこりんぼさんは言います。
「14年も教師やってて、まだ仕事が遅いのね。」

そうです。ワタシは遅筆、不器用です。

土日に、庭のウッドデッキ用の階段を作ってみたのですが、板が平行にならなかった。
来週の土日に調整しようと思っていたら、家内が器用に直していた。

おこりんぼさんは器用な方。
「トン汁を煮ている間にできた」とワタシの悩みをスピード解決してしまう。


あぁ、うらやましい。



きっと、朝3時になる携帯。
ワタシは目覚めてしまうのだろうか。

あぁ、寝ます。

でも、きっと、この仕事を作ることこそ、意味があるもんすよね。きっときっと。

では。
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

01 : 29 : 28 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<認識を新たにする。 | ホーム | 鬼が来りて、粉を撒く。>>
コメント
----

細案書き、懐かしいな!
教材を見る目が豊かになりますよ。

私は本時の細案に前後の学習活動も書くという指導案を年5回?書かされたことがあります。
北海道教育研究所の研究協力員としてですが。
これは勉強になりました。何事も経験ですね。
うるとらまるさんは、日頃から子どもの主体性・活動性を重要視した授業展開をしていますので
心配ありませんよ。
研究授業の成功を祈ります。
by: appochan * 2010/10/28 07:32 * URL [ 編集] | page top↑
----

先生の仕事も準備が大変なのですね。
私の主人は普通のサラリーマンです。
その主人の会社に入ってきた新人や入社2~3年の人は、仕事に対して「やりきる」という思いが少ないそうです。
まだ若いのでこれから成長していくのか、家庭や学校の教育が変わったせいなのか分かりませんが残念です。
by: たぬき * 2010/10/28 10:59 * URL [ 編集] | page top↑
----

悩むんだけど、時間かかるんだけど、授業のこと考えてるときって楽しいですよね子供の顔思い浮かべながらにやっとしたりして図工の授業の準備がんばりますいい作品できるといいな
by: ゆい * 2010/10/28 20:06 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1162-a3865175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。