爆竹を鳴らせなくなった世の中に。
2010 / 10 / 21 ( Thu )

来月に校内研究で、ワタシが研究授業を行うもので、普段の仕事+授業案作りと、非常に忙しい日々です。
久しぶりに、アップできそうですので、この前の週末のことを書き込みます。

2110201
実家に帰ってきました。それは、神社のお祭りがあるからです。
ワタシが生まれた地区は、厄年の男たちが「厄払い」として、餅まきをするんです。
それも、実家を離れていても、いわば「呼び戻される」形で参加させられます(ま、もちろん本人の希望なんですけど)。

今年は、東京に住む兄が「厄男」として餅まきをする番でもあり、
3年後にワタシにも、その番が回ってきますので、下見を兼ねて、このお祭りに参加しました。


でも、ワタシの頭の中は仕事でいっぱいです。
今の総合学習で課題になっている「狛犬」を思わずチェック。
「おお、昭和14年奉納・・・オヤジより年上」と年季が入っている狛犬君に感動しておりました。

2110202


あと、ワタシが今住んでいる地区のお祭りが、雨でほとんど中止になってしまったので、
トウヘンボク君なりに「発散」できる場がなかったことも気になっていました。

そこで、彼に爆竹を与え、実家の前で従兄弟とともにバンバンさせました。

2110205

実家の祭りは、平気で爆竹の音が鳴り響いています。

でも、今ではなかなか爆竹なんて、鳴らせないのでしょうね。
花火売り場で見かけなくなりましたし・・・。


花火を買ったのは、実家の近くのケーキ+和菓子屋さんです。
ケーキ屋のお母さんはワタシの顔を見て、
「・・・見覚えがある・・・・、○○さん家の三男でしょ?」
とおっしゃいました。ビンゴです。ワタシは三男坊主であります。

小学生の時は頻繁に駄菓子を買いに行きました。
それから三十年近く経っているのに、自分を覚えてらっしゃることに、ちょっとした感動をおぼえました。



あ、もう6時です。
まだまだ書き込みたいことがありますので、実家のお祭りの話題はまた次に。




スポンサーサイト

テーマ:教師の休日 - ジャンル:学校・教育

05 : 54 : 41 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<鬼が来りて、粉を撒く。 | ホーム | なんとなく、おかしいね。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1160-54831890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |