プレーオフ制度に賛成します。
2006 / 03 / 09 ( Thu )
セ・リーグがプレーオフを導入するということ。
中日ファンの私としては微妙です。やはり146試合を戦って・・・と思うのですが、教員としては別です。プレーオフ制度に大いに賛成します。

というのは、今日の私のクラスのサッカーでのこと。
6チーム総当りのリーグ戦を行っていました。それぞれのチームと2試合行って、勝ち点を競う方式です。チームのメンバーはあらかじめ子どもたちが「サッカーが上手い子」として選抜した6人を個室(教科準備室)に呼び、ドラフト会議をもとに決定したので、チームによってあまり力の差が生まれません。(というか、子どもに文句を言わせない意味のほうが強いですが)

ただリーグ戦を行うと、どうしても全勝全敗チームが生まれてしまいます。そこで、今年はプレーオフ制度を導入しリーグ戦で1位から3位までに残ったチームが、「プレーオフ」に出場できるようにしました。やり方は現在のパ・リーグ方式です。また4位から6位も「4位決定プレーオフ」を開きます。

今日はリーグ戦の最終節。全勝チームはすでに決勝プレーオフに進出が決定していたのですが、2位から5位チームは混戦模様。結果次第では、5位チームが滑り込む・・・ということで、子どもたちは燃えた燃えた。ラストの試合では、結果次第で3チームに3位に入る可能性が残りました。そして試合後、3位に入れたチームとそうでなかったチームの子どもたちの表情が違いました。負けた子たちは号泣。いいですよいいですよ。こんなクラスがいいんです。

プレーオフは、全敗チームにも夢を与えているようです。9敗1分けで「勝ち点1」だったチームも「4位になってやる!」と叫んでいました。

今日の子どもたちの様子から、私としてはプレーオフに賛成したいと思いました。

↓今日も仕事をしました!! どうぞ1クリック願います。
にほんブログ村 教育ブログへ 
スポンサーサイト

テーマ:子供の教育 - ジャンル:学校・教育

18 : 53 : 14 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1年が終わっていく。 | ホーム | ガマンすることで、育つんだよヒトは。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/116-494c1d67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |