スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
新たな世界。
2010 / 09 / 26 ( Sun )
今日は、羽だけ娘の通う中学校の運動会でした。


確か、ワタシの記憶では、自分の中学校の運動会は平日に開催されていたので、
親が観戦していた覚えがありません。ましてや、お弁当を一緒に食べてもいません。
だから、おこりんぼさんに「中学校の運動会なんて、行くの!?」と聞いてしまいました。

この地方の中学校の運動会は、休日に開催されます。
だから、親が小学校のそれと同じように、お弁当を気合を入れて作り、一日様子を見るんだそうです。
(気合を入れるのは、うちだけかもしれませんが。)


小学校というカテゴリーで仕事をしていると、どうしても対岸の「中学校」に対して身構える自分がいます。
事実そうでしょう。お互い義務教育を担っているものの、教育観も大きく違う方もいらっしゃいます。
だから、中学校に行くことが楽しみでもありましたが、ワタシはいささか対抗意識があり緊張してもいました。


しかし、娘の運動会は見ていて、楽しかった!

もちろん、娘の成長を見れたことが一番だったのですが、
中学生の動き。躍動感やスピードがぜんぜん違いますから、見ていて飽きません。
他学年の競技も思わず力が入って見ておりました。
また、中学生らしい応援合戦など、小学校では味わえないものを見ることができました。
結局、一日中満足しっぱなしだったのであります。


閉会式、結果に一喜一憂する子たち。中には感極まる子も。いい場面だなぁと思いました。

その様子を見守る先生たちが、ちょっとうらやましく思えました。
当然ながら、先生と生徒の年齢が近い分、寄り添うことができるのでしょう。


それでも、運動会を子どもとともに作り上げたり、喜んだりできる自分の仕事は最高だなと改めて思いました。
カテゴリーは違えど、ワタシたちの仕事の一番のよさは、こんな時間をいつまでも共有できることなんでしょう。



この日の夜は、自分の小学校のPTA企画に参加するため、
娘の帰宅を待つことなく、学校に出かけていきました。

はじめての中学運動会を、きっと羽だけさんは、存分に楽しんだことでしょう。
友達とともに喜ぶ表情を見ることが出来て、親としてとても満足でありました。

家に戻ってきたら、既に彼女はご就寝。
日曜日は部活の遠征で、クタクタな日々でありますが、
彼女が中学生活を存分に楽しみ、彼女なりの「青春」ってやつを謳歌することを、
親として応援したいと改めて思いました。


では。



スポンサーサイト

テーマ:教師の休日 - ジャンル:学校・教育

02 : 50 : 25 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<失点。 | ホーム | 図々しいワタシたちですが。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1151-d7d037e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。