表現力だよ。
2010 / 09 / 14 ( Tue )
結論から言うと、これからは「表現力」が確実に武器になる。

書く力、話す力、時には絵を描いたり、歌ったり踊ったり・・・、
ま、とにかく自分の考え・思いを他の人に伝える表現力がより重要視されていくだろう。


算数「わり算」。

今週は、自分の力でわり算の式を立てられることを目標としている。

「算数は、国語と一緒だよ。言葉で表現してごらん。」

と、わり算の式を言葉で表現したり、数字で表したり、絵で表現したりする活動をした。

正直言うと、計算も表現も、読み取りも苦手としている子たち。
まずは「型」を知るべきと、テンプレートを用意する。

ホニャラララ が ホニャ あります。
ホニャ に同じ数ずつ分けます。
1人分は、ホニャ ずつになります。

ホニャララの部分に穴を開け、自由に書かせてみた。
中には、「あまり」を出してしまう計算を作ってしまう子もいた。
ま、それはそれでいい。

子どもたちは、机の上でブロックを並べ、分け、答えを導き、
そしてノートに書く。

22091303

いくつ作れとは言わなかった。
時間だけを決めて、子どもに任せた。
力はひとりひとり違うから。自分の力で出来る子もいるし、まだまだ支援が必要な子もいる。

しばらくして問題に取り組んだ。
その時も、同じ。自分のぺースで取り組めばよいと。

22091302

22091301


夕方の教室。暗くなってくる中で、子どもたちのノートを改めて見る。
計算の技術重視だけでは、算数の力はつかない。
あくまでも、説明する力、表現する力を抜いてはいけないと思う。




スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

05 : 22 : 50 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<吹っ飛ばす。 | ホーム | いのちの食べかた。>>
コメント
----

表現力、難しいですが確かに必要ですね。
仕事をしていると、的確に表現することの大切さや難しさ、自分のボキャブラリーの少なさに悩まされます。
読書から始めるのが良いでしょうか?
by: たぬき * 2010/09/14 10:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

国語専門の先生がおっしゃられていたことですが、
「国語は10年先に向けて指導する」のだそうです。

だから、ワタシは指導としては「型」を教えています。
まずは、応用より基礎ですから。


でも、ワタシも表現力としては拙いですよ。
語彙も、家内に「ない」と言われますし、
読書も小学生と同じレベル・・・。

難しい言い回しをせずに、
自分でできる身の丈にあった
言葉使いで表現していきませんか。
あと、今風の言葉をなるべく使わずに。
絵文字もね。

たぶん、それが一番いい表現力のつけ方だと
ワタシは思います。

いかがでしょうか。


あ、絵文字のことを若い女性教員に話したら
「でも、かわいいでしょう?」と言われました。
かわいさを付け加えるのでしたら、
いいんじゃないのかなぁ・・・とも思います。


コメントありがとうございます。では。
by: うるとらまる * 2010/09/15 05:39 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1142-cf5073ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |