スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ワタシとしては、やはり。
2010 / 07 / 24 ( Sat )
こんばんは。

ここんところ、仕事が落ち着いてきたのか、ブログを書く余裕がありました。
ツイッター?は、よく分かりません。はい、ワタシのIT技術はブログまでであります。

今日、子どもたちは真夏の日差しの中、手に荷物いっぱいで教室を飛び出していきました。
その姿はまさに真夏のサンタクロース。あれほど、「荷物は計画的に持って帰れ」と言ったのに。
「最終日でもプールで泳ぎたいの? でもさ、最終日の荷物が増えるけど・・・分かった。泳ぐのね。じゃ、がんばれ。」と
言ったのに・・・。サンタクロースの荷物は両手では抱えきれない。何重にも荷物を肩にかけて。
汗だくだくの帰り道。ま、いいか事故さえ気を付けてもらえば。これも風物詩かもしれぬし。


誰もいない教室を掃除していると、普段から落ち着かない子の上履きを片方発見。
おいおいと思いつつ、子どもたちの夏休みは始まる。



4月から、この3ヶ月あまりは忙しかった。
いや、自分で忙しくした。できるだけの仕事をしようと、自分で自分を忙しくした。

実は、この4月に今の学校に異動してきたからだ。

ぼちぼちと拙ブログを読み続けている方なら、なんとなくお気づきになっていたかもしれない。
ワタシは、前の学校を辞めてきた。本音はあまりにも生々しくて書き込めないのだけれど、
もっともっと前の学校のために働きたかったのだけど、辞めざるを得ないことがあり、異動した。

だから、とにかく働きたかった。
教師としての自分を再確認したかった。
「子どものために働くこと」が、教師の第一の仕事だとワタシは自分を励ましたかった。


基本的にお気楽なワタシだけれど、それなりに傷ついた。
でも、今の学校でお世話になっている先生方にも助けられたし、姉御さんにも励まされたことで、
自分は自分のやり方でいこうと改めて決心することができた。


拙ブログを読まれている方に、この数ヶ月、ワタシの姿を正直に書き込めなかったことをお詫び申し上げます。





先日、うちの兄が、会社で暇な時間にパソコンを開いているのだけれど、最近半月に一回位しか更新してないと
ワタシに言いおりました。いい加減な兄ではありますが、それはそれで、励まされました。

もちろん、うちの家内は「○○はキミの仕事を受け入れるだけの器量がなかったんだよ。」と
彼女なりの励ましをしてくれております。それもそれで、励まされることであります。


ワタシはやはり、教師は子どものために、時には寄り添い、時には立ち向かっていくことが仕事だと思いますから、
これからもがんばります。










スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

00 : 06 : 42 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<食べ納め。 | ホーム | それでも。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1104-f1749e9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。