逆さ感覚。
2010 / 06 / 12 ( Sat )
久しぶりに運動場での体育。
一時間かけて「鉄棒」に取り組む。

毎年思うんだけど、器械体操が苦手な子が増えている。
全員に「逆上がり」をするように声をかけてみた。
半分ほどが「できない!」という。

その割合は年々増えている気がする。


仕方がないので、運動場の遊具を使う。
登り棒を使って回転させてみたり、ジャングルジムで「逆さ」になる練習。


頭とお尻を反対に。
マンションが多い地区のせいか、なかなか逆立ちをするのが苦手・・・というか経験がない子が多い。

しばらくの間、補助をしたり、2人組で練習する仕方を教えたり。
気が付いたら、授業の時間は終わっている。



一人一人の力は違う。
だから、子どもによって目標の設定は違っていい。
願うのは、自分の目標に向かってひたすら取り組む姿。

運動場から帰るときに、ある子が言う。
「逆さになると気持ちいい~。」

彼女はジャングルジムで、ずっと逆さになる練習をしていた。

その笑顔が、とてもいい。
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

00 : 36 : 32 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<チャーリー・ブラウンたちの成長。 | ホーム | 完成した時の歓声。>>
コメント
----

頑張った時の子供の笑顔はいいですよね!
先生は、そんな笑顔がたくさん見られる仕事なのですね。
次男も逆上がりができないので、公園に通って特訓しなければ!
そして子供の素敵な笑顔を見せてもらいます♪
by: たぬき * 2010/06/14 10:40 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1096-6e74c789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |