スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
笑顔でいきましょう。
2010 / 03 / 17 ( Wed )
年度末進行でバタバタの日々。
気がついたら、更新なんてできなかった。

成績表に指導要録に、自分の教室の片付けに、
子どもたちに持ち帰らせるものの整理に、
そんなことをしているだけで、時間は過ぎていく。



それでも、子どもたちがいないとこの商売は成り立たない。
今日は、ラインサッカーのプレーオフ戦だった。

毎年のことながら、1位VS2位チームの優勝をかけた戦いは白熱する。
前半は2位チームがリードしたが、後半、1位チームが連続ゴールを決め、見事に逆転。
1位チームに軍配が上がる。


泣き出す2位チームの子どもたち。
そういえば、この学校に来てから、子どもたちが悔し泣きする姿を見るのは初めてだった。
一生懸命走り回って、顔を真っ赤にして、まるでそんな顔を冷やすかのように、涙が頬をつたう。

ここまで熱心に子どもたちが活動できたのなら、担任としては本望。
涙が出るほど頑張ったことを激励。

子どもの姿を見ていると、今年度学年合唱で歌った中山譲さんの「笑顔でいきましょう」の歌詞の一部が頭に浮かんだ。


♪思い通りにはいかないから、「今度こそは!」と夢を見る
 泣きましょう 嘆きましょう 立ち上がりましょう とてもステキさ♪


 泣いていいんだ。

「負けたことがある」というのがいつか大きな財産になる(byスラムダンク)。



午後は成績処理。
ぼちぼちと仕事が終わり始めた職員室は、来年度の人事の噂話がぽつぽつと。

婚活さんは、彼女なりにある程度の覚悟を決めて、主任は、紆余曲折するオファーに迷いながら、
ワタシは、これからのことを笑顔で受け入れることにした。

3人で顔を合わす。

人事も思い通りにいかない。

泣きましょう。嘆きましょう。
でも、きっと4月になれば、子どもたちのために、ワタシ達は「立ち上がる」。


そうだ。嬉しいんだ生きる喜び。
たとえ、胸の傷が痛んでも~ってね。

では。

スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

20 : 59 : 49 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<長い一年間でありました。 | ホーム | ワタシなりの積み重ね。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1070-cffd7736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。