やはり一週間は痛かった。
2009 / 12 / 25 ( Fri )
久しぶりの更新です。
この間に、羽だけ娘がインフルエンザをもらってきてしまい、
それがトウヘンボクにも感染。
ま、冬休みに入っているので、これ幸いなんですけどね。

そんな中、仕事も一段楽。
明日は終業式を迎えることができます。

2学期を振り返ると、やはり「大変でした。」
それは自分の中で、学校に対してモヤモヤとした気持ちが生まれてきたということと、
やはり今年度は学習指導要領改訂の移行期で、学習する内容が例年以上にきつかったことが「大変」だった原因だと思うんです。

それでも、なんとか、教えるべき内容を指導することができ、ほっとしております。

ま、もっと子どものペースで、じっくり教えることができたらなぁと思うんです。
「分からない」と子どもが言うときに、待ってあげるぐらいの余裕がもっと欲しかったなと思うんです。
今学期はなかなかそれができなかった気がする。

やはり、学級閉鎖の1週間。
この5日間が最終的にはきつくなった原因ですね。

3学期は寒くても体力作りから。
がんばりたいと思うんです。


では。明日も学校ですので、寝ます。では。





スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

00 : 49 : 43 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<子どもの話をしよう。 | ホーム | 久しぶりに。>>
コメント
----

お久しぶりです。
ほんとうに、移行とインフルエンザで、まったく同じ心境でした。
終業式の翌日、3人だけ学校に来てもらって算数をやりました。ゆっくりとあれこれやりながら、わかったときのうれしそうな顔。これだよなあ・・・って、・・・ほっとしました。

お子さんたちのインフルエンザ、いかがですか。
どうぞお大事になさってくださいね。
by: つぼみ * 2009/12/26 07:41 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1034-64b2cb95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |