思いを書き残す人でありたいのだ。
2009 / 12 / 13 ( Sun )
学期末の休日、久しぶりに自宅に仕事を持ち込んでいる。

減額されたボーナスは、自宅のローンと車検代で消えた。
金曜日の冷たい雨の中、帰宅しながら考えた。
遠い距離を原チャリで通うワタシに同僚は「寒くないのか」と声をかける。
それに笑顔で応えるワタシ。
寒い雨に耐えることで、家族が暖かい家に住めるのなら、それでもいい。


で、仕事。

久しぶりというのも本当に久しぶりだ。
3学期制の学校のペースに合わせられなかったこと。
そして、新しい学校の所見の書き方に悩んでいる。


字数や学校で統一しなければならないこと。
総合学習での子どもたちの表れの捉え方の違い。
ちょっとした認識の違いが、ワタシを悩ませる。

郷に入らば郷に従え。

でも、どこか自分の書き方を貫きたい。
やはり子どもの「よさと可能性」を書くべきだ。

あまりにも遅筆で、締め切りに間に合いそうもないのだけれど
ま、がっばってやるのだ。



スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

09 : 32 : 30 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<久しぶりに。 | ホーム | 「守ること」とは。>>
コメント
----

同じ国で、同じ県内なのに…

2学期制や3学期制と違うのは何故…。
by: あ * 2009/12/13 15:56 * URL [ 編集] | page top↑
----

どの学校も自分の学校の子ども達を健やかに育てたい!との願いから、
方針が異なってきます。
転任のためにその学校の方式に慣れるのは大変ですよね!
私は9校経験しました。問題はその学校の課題は何で、どう改善を図っていくかの
ビジョンや方略を持つことが重要です。
自分の知恵と力で学校改善に努力することを期待しています。
原チャリですか。私の若い時と同じですね!
その辛抱が幸せへの道につながると思いますよ!
by: appochan * 2009/12/14 07:23 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1032-f699879e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |