お前の代わりはいくらでもいる。
2009 / 12 / 08 ( Tue )
一日お休みをいただいたら、頭痛はスッキリ。
天気のよい朝、気持ちよく出かけて来ました。


笑顔で応えてくれる子どもたちに感謝。
で、「先生、インフルエンザって言うから、もっと休むもんかと思った」という勝手な想像にも感謝。

ま、いつものことなんだけど、机の上にはプリントとテストの山。
担任が休むと、授業は一日止まる。
だから、子どもたちはプリントをするしかないのだ。

ということで、休んだ分、「丸付け地獄」も待っているということ。
ボールに芯を入れ、高速で丸付けを開始する。


しかし、教員って代わりはいくらでもいる・・・って割に、担任は一人しかいない。
それほど、担任には重い責任もあり、仕事量は多いのである。

ま、がんばるしかないんだけど、今の教員世界を苦しめているのは、こんなところなのかもしれない。
ちなみにうちのクラスは日本の公教育の1クラスの定員いっぱい・40人の子どもたちがいる。


今日一日でボールペンの芯を3本半も消費した。
これはワタシ個人の負担。これも今の教員世界、いやワタシの懐を苦しめているに違いない。

21120901
では。
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

19 : 17 : 19 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ホネホネ。 | ホーム | 休養。>>
コメント
----

補充の先生(いますよね?)は、丸つけをしないのですね・・・(うちの校長教頭は補充に入ると、丸つけしてくれているので助かってます)
担任の仕事ではあるのですが、助けてほしいときもあります。
by: himebun05 * 2009/12/10 15:02 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1028-a075fc39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |