わたしたちは、干物じゃない。
2009 / 10 / 30 ( Fri )
3年生の理科は天気に左右される。
今日からの学習は「太陽の働き」。
当然、太陽が出ていなければ学習を成立させることはできない。

今日は朝から雲ひとつない理科日和。
子どもたちを外に連れ出し、日なたと日かげの話をした。

ワタシが子どもに出した指示は、「5分寝ること」。
いつか先の教研集会で提出したレポートも公開するつもりだが、
これはワタシの観察するための手だてのひとつ。

じっと観察することが、子どもたちの科学的な見方を伸ばす。

というわけで、子どもたちとともに「日かげ」で5分寝ころがり、
次に「日なた」でまた5分寝転がった。
いやぁ、10月末とはいえ、太陽光が熱い。
お肌にジリジリと、まるで焦げるように光が「刺す」。


実験後、子どもたちに「日かげ」と「日なた」の比較をさせた。
当たり前のことなんだけど、日なたは熱い、乾燥している。
日かげはジメッとしていると子どもたちは話し合い授業を終える。

その後の感想が面白かった。
先生、日なたで私達は「干物」になりそうでした。
日かげはスーパーのマグロのように、冷えてしまいそうでした。


いかにも子どもらしい言葉で。
思わず笑ってしまいました。


↓そんな3年生の光景です。
↓未だにインフルエンザで誰も休まない元気な子どもたちでありましたと。
↓そんなクラスの担任に応援の1クリックをお願い致します。では。
にほんブログ村 教育ブログへ


スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

22 : 04 : 36 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<経験値を上げること。 | ホーム | ボールを返せ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1010-a5d1d493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |