スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
じゃがいもではない。
2009 / 10 / 14 ( Wed )
こんばんは。

算数の授業では「円」と「丸」の違いについて話し合いました。
子どもたちにとって、どちらも「丸い形」です。

でも、二つを比べることで、相違点から図形の特徴って分かっていくと思うんです。

子ども達は言いました。
「丸って、じゃがいもみたい。円はきれいだよ」と。

「どうして、きれいだと思うの?」と聞くワタシ。

「でこぼこしてない。」
「お月様みたい!」 子どもたちは口々に言う。
今の子どもたちの図形の認識は感覚的なもの。
図形の勉強って、形を書くだけではない。
定義を用いて説明する「言葉」の学習であるのだ。

子どもたちにヒントとして、「中心」と物差しを持つように声をかけた。

? とする子ども。

その雰囲気の中、女の子がボソリと「全部4センチ?」
どこが? と聞くと、中心から円周までの長さを図ると同じ長さなんだという。
子どもたちの手がいっせいに動き出す。

コンパスでいろいろな半径の円を書き、中心からの長さを測る。
「同じじゃん。」

縦横ナナメ、すべての辺までをチェックする子たち。

21101401

実際に中心から円周に向かっての長さが同じだということを確かめた子どもたち。
そう、形の学習は「定義」を学んでいくものだと思うんだ。

では。




スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

23 : 32 : 37 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<だって、めんどくさかったから。 | ホーム | 子どもに返せ。>>
コメント
----

物凄く興味・関心のある教材です。実践報告を楽しみにしています!
by: appochan * 2009/10/15 12:42 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1002-df7aab38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。