スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
帰省する。
2016 / 08 / 19 ( Fri )
教員免許更新講習を受けている中、羽だけ娘が帰ってきた。
お金の節約といい、青春18切符で帰ってきた。
実感したのは、新幹線の速さ、便利さ。
そして静岡県内を走る東海道本線は、「快速」「急行」がないのかという疑問。

親としては、一人暮らしの娘がなかなか食べられないものをと、
娘が希望するものを作って、「おもてなし」をしたつもり。
それでも娘にとっては、「家族で食べる」ことが大事だったのかもしれない。
久しぶりに家族でテーブルを囲むことは、やはり満たされるものがある。

昨日は庭で火をおこし、肉や魚を焼いた。
天気が不安定で、急に強い雨が降ったが、タープを張っていたので、
火が消えることはなかった。かえって、ワタシたちのテンションは増した。
しょっちゅう、火を起こす我が家だけれど、印象深い日になった。


おおよそ、ここまで書くと、「家族っていいな」とまとめてしまう。
でも、我が家の場合、その感動を得られない事情もある。

オリンピックでいい成績を取った方が、
「家族に感謝です」とか「天国の〇〇が見守ってくれた」というコメントを残すと、
少々気持ちが落ち着かなくなるワタシがいる。
もちろん、そのコメントを否定する気は全くない。
ただ、その言葉を伝える立場の人たちは、すべての人がその言葉に感動できるかなんて
考えずに、電波に乗せたり活字にしたりするのだろうと思っている。
もちろん、とても少数派の意見であることは認めるけれども。



それでも、ワタシは、自分を好いてくれる人、自分が大事にしたい人、
自分がなりたい自分、大切な人たちが目指そうとする目標を支えるために、生きていきたいのだ。

あくまでも前向きに。
スポンサーサイト
06 : 32 : 15 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ウケルー!!
2016 / 08 / 12 ( Fri )
今年の夏休みは、あまり休みがない。
それは、今週から始まった教員免許更新講習。

この制度が決まった時は、
「こんなのオカシイやん。講習受けなければ、免許がなくなるなんて。
 医師免許だって同じようにすればいいのに」
と正直思っていた。

しかし、ワタシが受ける年になったら、文句は言えないようだ。
この制度を決めた政権は相変わらず元気だし、
世間様もこの制度を支持されているようである。
というわけで、今年度か来年度に講習を受けなければ、ワタシは失職してしまうので、
渋々と3万円を支払って、自分の教員免許を更新することにしました。


ただ講習も忙しい。
大学教授の講義を聞いて、すぐテスト。
本来なら「何がわかったか」を振り返りたいのに、
テスト問題では講義で教えられた知識を
「どう使うか」「どんなものか例を挙げて説明せよ」など応用を問うてくる。

テストなんて十何年ぶりに受けるわけで、ワタシはワクワクするのだけれど、
せっかくお金を払って、更に評価してくれるのなら、もう少々自分で考える時間が欲しかったと思う。

また、同じ講習を10年後も受けなければいけないとするならば、
もっと選択の幅が広がると嬉しい。
同じ講義を、教員10年目の人と、私のような20年目、そして30年目の方が聴いている。
例えば企業研修ならば、このようなカタチをとっているのだろうか。

それでも、これからの指導要領について解説したり、
うる覚えに近かった生徒指導の理論などを改めて学んだりと、
講習を受けることは、自分にとってプラスになることは間違いないと思う。

ただ、自分もできれば大学教授のように、いつまでも教員という仕事に執着するのではなく、
研究職のようにキャリアアップしてみたいなぁと思ったのが、私の本心でもあります。


では。
05 : 47 : 14 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏休みだけれど。
2016 / 08 / 01 ( Mon )
ようやく夏休み。
だけれども、子どもから解放されただけで、仕事からは解放されない。
研修、職員作業、講演会、研修会に参加する予定と、教員免許更新講習を受けたら、
5日くらいしか「学校」から離れられる日が無い。
10年に1度の免許講習は少々しんどいかもしれないが、前向きに捉えることとする。

まだ他にもやりたいことはたくさん。
まずは、リーダーとしての本をたくさん読みたい。
一匹狼的に活動してきたワタシにとって「主任」の仕事はまだまだ勉強する必要がある。
特に気遣い面。他人とのコミュニケーション。苦手である。
また、夏休み以降の授業計画も出来るだけ作っておく。
「カリキュラムマネージメント」を自分なりに考えたいと思うので、「大局観」は持ちたい。

そんなことを考えているから、夏休みでもいつもと同じ4時起き。
朝ごはんを作る前の貴重な自己研修の時間を維持していきたいと思う。

もちろん遊ぶことも忘れたくはないけれど、自分を磨けばトクをすることも多いのだろう。
と前向きに捉える。

では。
18 : 52 : 46 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。