スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
これはラッキーじゃないよね。
2014 / 11 / 22 ( Sat )
教員人生19年目にして、初めての修学旅行に行ってきました
それも学年主任として行くとは思っておらず、初めから終わりの各場面で
自分が子ども達の前で話をするとは・・・。この事実を知らないのは子どもたちだけ。
修学旅行の感想を書くと、やはり責任者としては大変だったことがひとつ目。
そして、子ども達に助けられたことがふたつ目。あと、とてもラッキーだったこと。

大規模校なので、引率する教職員は9人。5クラスの子どもたちを率いての「大船団」。
東京の班別行動では、約半日、上野から浅草までの移動をさせた。

ワタシの仕事は、上野で「スタート」を見届けた後、
少々科学技術館で子どもたちの様子を見たら、
上野駅のガード下へ移動した。いわゆる「フタ」の役目。
予定より早く子どもたちが浅草に移動しないように、「万が一」への対応だ。

日陰のガード下。托鉢僧とともに、ひとり立ち尽くす。
さすがに寒くなり、コンビニで温かな飲み物を買う。
チェックポイント役の若手にバトンタッチをし、一足先に浅草・雷門前へ。

外国人と、人力車の車夫の声が響く雷門。
その前に、ひとり立ち、すべての子どもが雷門を通り過ぎたかどうかのチェックをした。
全員が来たことを見届けたら、仲見世。
たくさんの修学旅行生がいたが、目印として紫色のバンダナを子どものカバンに付けておくように
していたので、かなりの子を発見することができた。

そんなことをしているとお昼も満足に食べることができなかった。
最後のチェックポイントに行く時間。
集合時刻30分前には浅草寺五重塔前で待ち始めた。

初めての修学旅行。子ども達と共に満足に楽しむことはなかなかできなかった。
子どもたちの安全を見届けることが責任者の仕事だから文句はない。
ただ、もっと若い時に6年生の担任がしたかったなぁと思った。


でも、この修学旅行は子どもたちの動きが良かった。
集合時刻を子ども達がしっかり守って活動したこと。
上野駅に向かう時、とあるグループが不忍池方面に出てしまう小トラブルはあったものの、
「大きな遅れはなく」ではなく、「小さな遅れがひとつだけ」あった旅行にすることができた。

2日目の朝、ホテルから出る時に、またこれも学年主任として駐車場に行き、
子どもたちが乗車するのを待つ。
そこで同じホテルに泊まっていた他の小学校の先生が大きな声を上げて、
「10分遅れだよ。早く来なさい」
「20分も遅れているよ!」 と叫んでいた。

確かに、子どもたちにとって朝7時30分に「ごちそうさま」をして、8時に出発なんて大変だろう。
でも、うちの学校はそれができた。朝起きてから、子ども達に「朝飯前の準備」と声を教員みんなで声をかけていた。
「時間とルールを守ることができると、修学旅行はより楽しくなる」
出発式に子どもたちに声をかけたことを、子どもたちは実際に成し遂げた。
本当に、子どもたちがよくがんばったから、成功したんだと強く思う。

そんな子どもたちだからこそ、天も味方したのだと思う。
この子達は、いわゆる「雨学年」。昨年度のキャンプは2日とも「大雨警報」を持続させた強者達だ。
もちろん、木曜日の午後は雨が降った。
でも、ハコモノの施設を見学することが多かったので、子どもたちは一度も傘をささずに過ごすことができた。
そして金曜日は晴れ。
これはラッキーだけじゃないよね・・・と今でも思っている。


教師としていい経験をした。
帰りのバスで思ったこと。

ここまで修学旅行についての仕事がとても忙しかった。
学年部の飛車角にあたる人たちが、地区の研究授業公開の仕事を抱えていたため、
あまり仕事を任せることができなかったこともある。
毎日ほぼ12時間労働。まだ交通事故のリハビリとして整体に通ってはいるが、ほとんどキャンセルしてしまった。

でも、この苦労はよかったと思う。
自分なりに満足しているからだ。

この仕事は、教師としての「責任」とか「義務」とかで、行っているのではない。
お金を稼ぐための仕事でもなく(ま、お金は多い方がいいのですけれど!!)
家族を養うがための仕事でもない。

ただ、子どもたちが喜ぶことが嬉しいから、働いてきたんだと思う。

これ授業でも同じだ。
ワタシは、いつまでも、こんな思いで仕事をしたいと改めて思った。


ワタシのそばでベストな予定を組んで下さり、
雨で撮れなかった集合写真を「浅草で撮りましょう」と
進言してくださった添乗員さん。
子どもたちのいい表情をたくさん撮影していただいたカメラマンさん。
子どもたちのノリに優しく対応してくださったバスガイドさん。

とても感謝しております。


では。
スポンサーサイト
18 : 18 : 02 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
突き詰めていくと。
2014 / 11 / 19 ( Wed )
昔、1日24時間のうち、8時間は仕事、8時間は休養、
最後の8時間は余暇として過ごすのが理想的だと習った。

今、私の場合、14時間は仕事、5時間弱の睡眠
残りは家事に追われ、余暇なんてほとんどないなぁと思う。

ここまで泣きそうなぐらいに忙しかった。
ハッキリ言って、この仕事はマゾヒズムに近い。
学年主任として、修学旅行の支度を常に行いながら、
授業参観と修学旅行説明会をクリアし、
教育委員会訪問の指導案を書き、
習字コンクールのための指導&作品提出をし、
作文コンクールのために作文指導&添削&児童選抜&作文編集をこなし、
それに諸事務。

それでも本業の授業指導の質を落としたくない。
子どもの作品やテストの定着の様子を見届けたい。
・・・なんてやっていると、毎日学校に13時間近くいる日々が続く。

自分の中で、「夜7時には退勤! 半日も校舎の中で過ごすなんて!」と思っていた
心の中のリミッターが、いつの間にか8時を過ぎても何も感じなくなっていた。
これはイカン。仕事のしすぎで精神のバランス壊すのではないかとも思った。

また折しも年末調整事務も重なった。
自分に伸し掛かる借金の額に霹靂。
「ここまで頑張っているのに、自分のフトコロはなんて寂しいのだ?」と思うと、
さすがに何も喋りたくなくなる時もあった。
夜8時を過ぎると、体育館でママさんバレーなどの歓喜の声が聞こえる。
オレ、このままでいいのかなぁ・・・とも思う。


そんな時に、「あんた、『かわいそう』って言われたいんでしょ?」とおこりんぼさんは言う。
図星。さすが、ワタシの奥様である。なんでもお見通しなんですね。
目が覚めます。


明日から修学旅行だ。
今まで6年生を経験したことのない教師がいきなり学年主任になり大役を任された。
見通しが効かないのに、学年団の先生方の動かし方を考えた。
さすがに不安になってきたので、2回目の下見を自分で行った。
イメージが湧かないのに、多くの子どもたちを動かす活動なんでできるわけない。
そこまでワタシだって、いい加減ではいられないじゃないの。


ここまでやれるだけのことはやった。
「人事を尽くして」とは言い切れないのだけれど、こんな自分が考えられることはやったと思う。
できれば、雨が降ることなく、2日間を過ごしたい。
できれば、だれもが困ることなく帰ってきたい。
できれば、子どもたちを怒ることなく笑顔で楽しんできたい。

そのためにはどうすればいいのか? とボスは聞く。

そのシンプルな答えを即答できず、今に至る。

笑顔? 楽しさ? 一生に残る思い出?

突き詰めていくと、「時間を守る」という答えが出た。

1人でも時間を守ることができなければ、皆に影響を与える。
当たり前のことなんだけれど、皆が守ってほしいのは時間だ。


そうすれば、余裕が生まれる。笑顔も保てるだろう。



さぁ、初めての修学旅行
どうなるべさ。楽しみ いや 不安。


では。








00 : 08 : 23 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
田舎者、上京する。
2014 / 11 / 01 ( Sat )
火曜日は、特別にお休みをいただいた。
理由は、修学旅行の見学先の下見。今回はワタシ一人だけの下見。

夏休みにも、学年部の皆さんを連れて下見に出かけた。
しかし、その後の検討で、目的地を変更することになり、下見に行かなかった場所を改めて
ワタシが下見させていただくことにした。いや、本音を言えば、初めて修学旅行を主導するワタシにとって、
自分が行ったことのない場所に子ども達を連れて行くことが不安だったからである。

しかし、ワタシは田舎者なので、東京に一人で出かけるなんて、ちょっと怖い。
まず東京駅から九段下に行くべく、丸の内駅を歩いていたが、
本来「東西線」の改札に入るべきだったのに、改札を通過してから違うことに気が付く。
「しまった。どうすればいい?」駅員に尋ねると、「この半蔵門線でも行けるから…」と軽く教えられた。

また「竹橋」から「九段下」に戻り、そして「両国」に向かうべく切符を買ったら、
九段下の自動改札機で何度も警報音が鳴ってしまう。
東京の方なら当たり前かもしれないけれど、田舎者には都営地下鉄と東京メトロの区別なんかできなかったのだ。

そんな混乱の中、下見先を周り、東京駅に戻る。
帰りはお金を節約するために沼津までの高速バスに乗ることにしていたが、
「丸の内口」と「八重洲口」の違いが分からず、丸の内に出てしまう。

うわー、レトロな感じの東京駅だ。素敵。
と思い、写真を撮りながらも、バスは駅の向こう側だと気づき、
東京駅をぐるっと回る羽目になった。

そんなワケで、翌日は足がパンパン。
朝の会、子ども達に
「東京に行くために必要なことは、毎朝のマラソンだよ。
 東京の人たちって、よく歩くからね。
 車社会の田舎者には想像できない程歩いているから、足が強いんだよ。
 だから、修学旅行を楽しむために、まず持久力をつけよう。」
と話してしまったのだ。




10 : 34 : 39 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。