スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
一生の糧になればいい。
2014 / 07 / 20 ( Sun )
子ども達が成長していくと感じる度に、いささか寂しい気がするようになった。
もちろん、親から離れていくことが大切だとは分かっている。
自分だって、親にそのような思いをさせたのだろう。

だからこそ、子どもが自分達の手から離れていく様子を見届けたい。

トウヘンボク君の中体連最後の試合を見に行った。
インドア派の彼が選んだ部活は卓球。
ここまで部活を頑張った。

3年生の人数が少ないからだけかもしれないけれど、
団体戦のレギュラーとしてここまで多くの試合に出させていただいた。
最後の予選リーグ。
息子の戦う様子をドキドキしながら見た。

息子を通して卓球というスポーツの奥の深さに気づいた。
スピードだけでなく、知的なものでもある。
道具の選択や配球、サーブの種類。
3年前に息子が卓球部に入ると聞いたときは、少々ガッカリしたときもある。
できれば、カッコイイ競技をさせたいと思っていた。
でも、卓球もカッコよく、素晴らしい。
生涯やっていくスポーツとして考えたら、いつでもどこでも、ラケットと台さえあればできるものだ。
きっと、彼にとって、ここまで頑張ったことは無駄ではない。

話を試合に戻す。
1試合目は簡単に勝つことができたが、2試合目は最初にセットを取られ、追い上げる展開。
最終セット、デュースを繰り返し、勝つことができた。
3試合目は格上の相手にストレート負けをしてしまうが、
父親としては、2試合目の彼の姿だけで「お腹いっぱい」であった。
頑張る息子の姿が見られるだけで、満たされるものがあった。

確かに勝負に負けるのは悔しい。
でも、彼の人生がここで決まるわけではない。
ワタシは彼がワタシと家内の手を完全に離れるまで、
懸命に仕事をして金を稼ぎながら、見守るだけだ。
いや、応援くらいはさせてもらおう。
今日のように、息子の頑張りを喜びたいのだ。

今日、面白かったのは、午後のトーナメント戦。
リーグを2位で通過したトウヘンボク君達のチームどrは、抽選で各リーグの1位校と対戦する。
キャプテンが引き当てたクジは、なんと先ほど負けた相手だった。
はじめは「おいおい」と思っていたのだが、勝負の行方は最終戦まで持ち込まれた。
その最終戦も最終セットまでもつれたが、残念ながら負けてしまった。
トウヘンボク君も負けたひとり。
でも、同じ対戦相手に「善戦」することができた。
負けたことは確かに悔しいのだけれど、ワタシとしてはこの「善戦した」ことは忘れずにいたい。


勝負の世界。勝つことは難しい。
ほとんどの子が「敗者」となり、頑張った部活から引退することになる。
果たして今日、この国のどれほどのお父さんやお母さんが、自分と同じ気持ちになったのだろう。
悔しいんだ。
できれば、自分の子に「勝たせてあげたい」と思うんだ。
ただ、頑張る姿を見れたことは、忘れないでおこう。

また、ここまで頑張ったことが、トウヘンボク君が一生の糧になればいいと思うんだ。

スポンサーサイト
21 : 28 : 54 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ただ、これだけで。
2014 / 07 / 05 ( Sat )
忙しい6月を乗り越えることができた。
自分としては、かなり満足ができている。
学年部の方との「乗り越えたぞ会」という飲み会を開き、
自分が乾杯の音頭を取ったり、自分の学年を支えてくださる先生方とより話ができたりして、
とても嬉しい気持ちになった。

もちろん、日々の仕事は忙しくて、目が回る。
特別な対応をすべき子の支援を考えたり、
他のクラスだけれど課題を抱える子の話をしたりと、
日々職員室は騒がしい。

主幹教諭から若手に向けてどんどんと授業を見せて欲しいとも頼まれている。
もちろん、それを快諾したワタシなのだけれど、
その理由を飲み会で聞いて笑った。
ワタシは「見られると、テンションが上がるM気質だろうから頼んだんだ」とのこと。
ま、どっちにせよ、若手に貢献できるのなら、やってやろうじゃないの。

今の学校にお世話になって早5年目だけれど、
夕刻に子どもたちの話題で尽きない職員室の雰囲気はいい。
子ども達のために働いているのを実感できる。
忙しいんだけど、やはり充実感がみなぎる。

毎日の日課として、帰りにスーパーで水汲みをする。
先日、そこに用意されていた「あなたの願いを短冊に!」という七夕イベントに
大人ながら、願いを書いて、飾ってしまった。

「○○人の子どもたちを心豊かに卒業させることができますように」

ん、これではオチがない。これはイカン。
「それとあと、ワタシの給料が上がりますように。」と書き加えた。


それから数日後、ある子どもに声をかけられた。その子のご家庭とは付き合いが長い。
スーパーでワタシの書いた短冊についてのことだった。

その日の夕方、スーパーに立ち寄る。
ワタシが書いた短冊の隣に、もうひとつ短冊がくくられていた。

それには、昨年度受け持った子どもの字が。

「○○先生の給料が上がりますように。」

嬉しい。
思わず携帯で写真を撮ってしまった。

これだけで十分、ずっと働くことができる!

教師という仕事叩かれてばかりなのだけれど、
やはり応援されるだけで、
子どもが応援してくれるだけで、
これからも頑張ろうと思ってしまう性なのである。

では。

18 : 52 : 53 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。