新年度へ。
2013 / 03 / 28 ( Thu )
一年のなかで、ボ~っとできるのは、この時期だけだ。

指導要録やハンコ、各書類などを新クラスに並び替えると、
ワタシたちに残された仕事はほとんどない。


主任の方々の会議が行われ、来年度の体制が決定される。
発表までしばらくの秘密事項。下々には伝えられない事柄。

少しの情報から、ロジックを合わせるように新体制を予想する若手。

ワタシは、そんなことはあまり興味のないことにしている。

だって、分かったらきっと働きたくなるもの。
指導計画だって作りたくなるし、開幕ダッシュのために準備をしたくなる。

だから、聞かないことに。


そして、家族とともに、娘の受験お疲れ様伊豆旅行に行ってきた。
食べ放題の休暇村。
でも、昼ごはんに寄った伊東でのお刺身がまだお腹に残っていて、ちょっと後悔。

それでも、久しぶりにのんびりと家族の時間を過ごす。
シャボテン公園なんていうベタなところを楽しみながら、休むことができた。



そして、新しく赴任してくる先生方を迎えての新年度会議。
ワタシの予想通りの学年に、いささか・・・・・・・・・・・・と思うものの、

ワタシなりの準備を始めた。





スポンサーサイト
05 : 33 : 34 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ようやく、ちょいとホッとする。
2013 / 03 / 20 ( Wed )
どはぁって感じの年度末だった。

助かったのは、指導要録の書き込みを早めに行っていたから。
遅かったらと思うと、ゾッとする。


忙しいなか、羽だけ娘さんの受験が終わる。
成績はいかがなものかと思っていたが、夏から行きたいと言っていた高校に行ける事になった。

そしてお約束のスマホ購入。

娘なりの芯の強さは、おこりんぼさん譲りなのかもしれない。


学年部の仕事も、年度末処理作業のみ。


ぼちぼちと春がやってくる。


テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

08 : 33 : 25 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
暗いのは怖いのだ。
2013 / 03 / 09 ( Sat )
前の記事の所見削除事件の続き。

さすがに凹み続けるわけにはいかないと割り切ったら、
所見の神がワタシに舞い降りた。

事務処理のために子どもたちを返した午後、
約6時間かけて全員分の所見を書き終えた。

午後8時前の教室から職員室に変える道のりは真っ暗。
大規模校なので長い廊下の先は見えない。
また古い校舎だから、廊下のスイッチがわかりにくい。
オマケに「見えないものでもあるんだよ。
     見えるものでもあるのだよ」も3人ほど、いらっしゃるらしい。

そんな廊下の、一番奥にあるワタシの教室から廊下を眺める。
ふつう廊下のスイッチって、両端にあるのだろうけど、なぜか私の方のスイッチは故障中。

だから、隣の教室の明かりをつけて、さらに隣の教室をつけて…
この繰り返しで、職員室に戻った。


テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

12 : 59 : 35 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アカン
2013 / 03 / 05 ( Tue )
先週の土曜日は、町主催の環境行事に子どもたちの引率として参加した。
で、日曜日はおこりんぼさんとともにウォーキングへ。

それらの合間を縫って、所見がき作成を進めた。

そして、クラスの3分の2ぐらいの子の所見をなんとか書き進めることができた。


で、月曜の朝。
学校に保存している成績データのファイルに、週末作った文章を更新しようと、
職員室のパソコンを立ち上げ、USBメモリを刺す。

思えば、ここで気を付ければよかったのだ。

何も考えず、USBのデータをパソコンに上書きしようとしたら、
逆にパソコンのデータをUSBに上書きしてしまった・

つまり、古いデータに戻してしまったわけである。
ワタシの土日のがんばりをきれいに削除してしまった。

自分でしたことだから、泣くに泣けないミスをした。
しばらく放心状態。本当はデータを持ち出している訳だから、ほかの人に嘆くこともできない。



約20人の子の所見。これをもう一度作り直すのだ・・・。


あぁ、パソコンって正直なのね。
「殿、ご乱心を!」と言ってくれればいいのに........

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

22 : 34 : 44 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
迷惑を食う。
2013 / 03 / 02 ( Sat )
子どもたちがイタズラができない社会であって欲しくないと思っている。

だって、子どもは自らの赴くまま生きている。
失敗をして、叱られて、ルールがあることに気づけばいい。
そして、許されて、この世の中に愛があることを知っていけばいい。
そう思っている。


今日、とある書き込みのおかげで、子どもたちが運動場で遊ぶことができなくなった。

イタズラの目的は分からない。
だけど、子どもたちが学校に来る一番の楽しみは、「遊ぶ」「食べる」ことでしょうに。
(「学習すること」が一番って子はなかなかいない。)


靴隠しとイタズラ電話はやめておこうと常に子どもたちに行っている。
イタズラしたことがほぼ100%見つかりにくいイタズラは卑怯そのものだから。
ピンポンダッシュなら、まだ可愛い。


卒業式を延期させたり、学校休校させたり、その目的は分からない。
ただ、多くの人に迷惑をかけたことだけは理解していただきたいと思う。


では、これから仕事です。
眠たいのですけれど、早起きしただけ得をしたいので、仕事です。

この仕事、やはり休めません・・・。では。

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

02 : 47 : 45 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |