スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
チーム力だと思う。
2012 / 09 / 29 ( Sat )
相変わらず忙しい毎日。でも、充実感はある。

昨年度学年を組んだ体育会系ママさんが、今週末から産休に入る。
ワタシのクラスにいる彼女の受け持ちだった子どもたちが、
彼女のためにプレゼントをしたいと提案してきた。
それは「手紙」&「折り紙」。

ワタシがアドバイスしたことは、以下の2つ。
・手紙がそれぞれバラバラだと、かえって迷惑かけてしまうから、1冊のクリアファイルにまとめること
・昨年度のクラス全員に声をかけ、1人残らず手紙を書いてもらうこと

何か行動を起こす時、女の子たちの動きは、明らかに男の子たちを上回る。
提案があってから、約1週間。彼女たちは100円ショップに自ら行って、ファイルを選び、
分担を決めて手紙を回収し、ファイルに装飾(デコっての?)を加えていた。
女の子らしいのは「これじゃ、○○先生に思い伝わらないじゃないの」と、
男の子が書いた手紙の内容を見て、書き直しを迫りに行ったこと。
これも「女子力」だと思う。やはり、小学生でも「女性上位」の社会は出来上がっている。

それでも、子どもたちの思いは伝わった。
元クラスの子全員で、教室に行き、プレゼントを渡した。
結構気が強い先生なんだけど、彼女、実は「泣き虫」。
久しぶりに「同窓会」にやはり、泣き出した。


そんな彼女への「プレゼント」はもうひとつあった。
週末の学年合唱発表会。
産休に入る彼女への贈り物として、子どもたちは一生懸命に歌った。
大規模校であることの弱点は機動性や柔軟性に欠くところ。
でも、よさもある。
百人を越える子どもの声がきれいに重なると、思わずゾクッとくる。
彼女に見せたかったのは、子どもたちの成長だ。
体育館の隅、やはり涙を流していた。


忙しいけれど、ワタシたちの学校には「チーム力」があるって思う。
それぞれの学年が、それぞれの個性を発揮し合いながら、学年を維持している。

昨年度は、「戦線離脱」や「崩壊」などかなりのドタバタ劇があり、
ワタシとしては彼女に十分なサポートができなかった。
それどころか、本来彼女がしなくてもよい仕事を増やしてしまった。
もちろん、彼女が作った指導案を、主任に変わって、真っ赤に添削したことはあるけれど、
普段の「心遣い」が足りなかった。だから、未だに彼女に悪かったと思っている。




今年度は、学年№2という立場も「明確」になったので、昨年度の反省を意識している。
主任様もある程度、ワタシに任せてくださるので、ありがたい。
今回の合唱発表に向けても、全体の指導の場を任せてくださったり、
子どもたちの仕上がりを2人で相談したり、アイデアを受け入れてくださり充実していた。
若手の教員も、よく動く。
子どもたちの活動の場を任せたら、台本作りや指導に熱心に取り組んでくれる若手がいて、
「自分から」タイプではないのだけれど、指示をよく聞き、子どもの表情によく気づく若手もいて、
とにかく新採は「働くしかない」と道具の準備を「率先して」行ってくれた。

3人の若手がマジメに働く姿を、ワタシなりに声をかけて、そんな姿を主任様は見守り、
なんとなく、ここまでやってこれた・・・と思った。

また9月は教育実習生もいて、実習生の活動をサポート(というか話し相手)をして、
やはり、いつも以上に忙しかった。



金曜日の夕刻は、教育実習の打ち上げ。
相談室で、実習生を囲み、ささやかなお茶会をした。
「忙しそうですけど、教師を目指します」という実習生。

ワタシ自身は、教育実習をした時は、「教員にはならない」と公言していた。
だから、記念として研究授業を、実習生代表として行ったこともある。

「もし、生まれ変わるとしたら、教師とは違う仕事を選んでいますか・・・?」という禁断の質問が若手から。
思わず手を上げたのは主任とワタシだけ。

きっと、10年後はこんな熱意のある若者たちが、教育界を引っ張っていくのだろうと思った。
(さすがに、ワタシは光の当たらない方へいきますけど)




改めて教員は忙しい。そして薄給。2年前からお給料は増えていない。
月末、ネットで銀行の残高を確認したら、なんとまぁ子どものお小遣い位しか残っていない。
さすがに、その額を見た時は凹んだ。こんなに働いて、余裕が無いなんて。

お金に余裕がないと、精神的な余裕も失うんだと痛感することばかりだ。

でも、うちの家庭もそうだけれど、この「チーム」で仕事を行うことは楽しい。
外はすっかり暗くなった職員室で「若造」が宣言した。
同じ学年を組む体育会系ママさんの代理の方が、
自分より若いことを知り「僕は独り立ちします!」と宣言したのだ。

そうじゃないって。
ひとりですべて抱えたって苦しくなるだけだって。
ただ「立場が人を作る」ってことは確か。
ちょっとだけ、主任に迷惑かけないように意識すればいいって思った。
それが、君の学年の「チーム力」になる。


来週も忙しいのは必至なんだけど、ま、なんとかやっていけるのではないか…とワタシなりに思っている。



では。


スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

23 : 56 : 58 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地上の星ができること。
2012 / 09 / 24 ( Mon )
相変わらず、忙しい職員室。久しぶりにボスに呼ばれ、校長室へ。

具体的内容は書けませんが、
話していたら、あっという間に7時前。


もちろん、退勤時刻は午後7時を越えた。


太陽が暮れたこの季節、帰り道に思わず叫びたくなる。

この忙しさは何だ。
今、うまくいかないことは何だ。
どうすればうまくいくのだ。

自問自答しながら、自転車で坂道を登っていく。
前カゴには日課となっている、スーパーマーケットでの水汲みペットボトル。
重いけど、これもわが家にとって欠かせないものですから。

悩むことは、自分にとってプラスだと考える。
今乗り越えたい壁を、どのように乗り越えていくか、まるでルートを探る段階だ。

できれば、働いた分給料が上がれば良いのに。


ま、そんなことありえないのだけれど、
新たなできることを発見していってやる。


テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

23 : 26 : 23 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オーストラリア人の方がワイルドだろぉ?
2012 / 09 / 22 ( Sat )
学期末に向けて忙しい一週間。いっぱいいっぱいの毎日だけれど、
夏休みの貯金が活きた。この忙しい時期でも、授業の計画をしっかりと立てて臨めている。

今、一番忙しいのは若手。夏休み遊んでいたキリギリスみたいなものだけれど、
「遊んでおいでよ。」と言っておいたワタシは、そんな彼らのために仕事をしているもんだ。
というわけで、彼らのために、これからの指導構想や資料を用意するのがワタシの週末の仕事だった。


そんな週末、わが家にオーストラリアから少年がホームスティにやってきた。
昨年度、トウヘンボクが姉妹都市に訪問させてもらった縁で、ホストファミリー役が廻ってきていたのだ。

少年といえど、190センチもある身長。
羽だけ娘と同じ年齢といえど、この身長さはあり過ぎじゃね?
と、ついつい英語交じりの日本語で質問してしまった。

「WHAT MADE YOU そんなに高い!?」

彼との会話は、ほとんご恥ずかしくて書き込めないほどの文法めちゃくちゃの英語。
それでも、ワタシたち家族は、彼のために努力する。


そんな土曜日のお昼ご飯は、庭で火を起こし、もちと豚汁を作った。
あと、「ジャパニーズ ヒストリカル ミート」として、「焼き鳥」を少々。

彼にとって、お餅を食べるのは初めてだっただろう。
しかし、どんなことにも挑戦する彼は、なんとか食べようと頑張る。
昨年わが家を訪れた子は、「イエス」「ノー」がはっきりしていたが、今度の彼はそうは言えない。

そんな中、焼き鳥を一本落としてしまった。
家族は、「じゃ、それはお父さんの決定」という。ま、お約束だ。
そのことを、ワタシは彼に「日本では、落ちても3秒以内だったら、ノープロブレムだ。」と教えた。

そしたら、彼は言う。「オーストラリアでは、10秒まではノープロブレムだ」と。


盛り上がるワタシたち。
なかなか英語では上手く会話できなかったけれど、そんなちょっと変わったコミュニケーションができたことは、
とても楽しく、ワタシの印象に残った。



明日の朝早く、彼は次の目的地に旅立っていく。
このホームスティは、彼の学校の修学旅行。なんと2週間もイン ジャパンだそうだ。
来週からは、姉妹校での「留学体験」。きっと、また多くのものを得てオーストラリアに帰っていくのだろう。



さすがオーストラリア、スケールが違うと思うワタシでありました。


では。

テーマ:教師の休日 - ジャンル:学校・教育

21 : 53 : 01 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やはり創造的破壊。
2012 / 09 / 17 ( Mon )
ここんところ、仕事で悩み事があった。

それは、「特別支援教育」について。
うちの教室には、発達障害を抱えた子がいる。

その子への手立てを懸命に考え、構築してきたつもり。

ただ、それはそれでいいのだけれど、その手立ては学級の力を伸ばすことにつながっているのだろうか
・・・・・ということ。
確かに、グレーゾーンの子にとって有効な手立てにはなっていると思う。
ただ小学校の教室には、当たり前のようにいろいろな子がいて、
言い方は悪いのだけれど、いわゆる「できない子」への手立てが、
「ちょっとがんばれば自分でできる子」の伸びを阻害しないだろうか。

人はそれぞれ違うのだから、「優劣のかなたに」と、
それぞれの課題にひたすら取り組むように声をかけている。
でも、小学生だ。楽な方に流れていくのも、また子どもらしいと思う。



どうしていくのが、すべての子にとっていいのだろう。
なんだか、ずっとモヤモヤしながら、ここんところ過ごしていた。



そして、なんとなく出した答え・・・というか答えにたどり着くための方向性。

もっと、「人はそれぞれ違う」ことをアピールしていこうと思う。
もちろん、授業はひとつの目標に、それぞれの手立てで辿りつくことができるように支援を施していく。
それだけじゃなく、支援を必要としない子たちを育てていく。
子どもたちが、お互いに違いを知り、当たり前のものと受け入れていき、
そして、「苦手さ」を抱える子への行動ができたらいいなと思う。もちろん、やりすぎはいかんよ。
でも、そんなことの繰り返しが、クラス全体を育てていくことになると思う。



って考えると、今までのワタシの授業観を、どこか壊していく必要があることに気づく。
なぁに、心配ないさ~。
新採時代の校長先生が繰り返しおっしゃったことが、今の私の「道しるべ」だ。

教育に創造的な破壊を。


少しずつ、新たな授業を、教室を生み出していけばいい。




では。



テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

23 : 09 : 37 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
18時間。
2012 / 09 / 09 ( Sun )
先週は、勤務状況調査週間だったそうで、
毎日、朝学校に着てから、勤務を終えるまでの時刻を毎日記録をとっていた。

金曜日、最後にエクセルでそれぞれの時刻を打ち込み、計算してもらったら
勤務時間外の労働時間は週18時間ということになった。

これが多いのか少ないのかは分からないのだけれど、
普段の勤務時間内に仕事が片付かないことは明らかになっていると思う。

約3時間ほど、毎日、余計に働いているのかもしれない。


おこりんぼさんは「残業手当が出たら、お金たくさん入るよね」と言う。
残業手当の方が勤務時間内の時給より高いだなんて、知らなかった。


時として知らない方がいいこともあると思うんだけど、
この調査をして、何をどう変えていくのだろう。
ワタシたちの仕事が、効率的に、ある意味ラクに、子どもと向かい合う時間が多くなればいいと思う。
確かに昼休みもご飯を食べているときも、ワタシは事務仕事や授業の準備、子どもたちのノートチェックに忙しい。

あなたの学級に、いじめはないか?

という質問に、本当に「ない」と言う自信がない。



学校に教諭だけでなく、いろいろな種の方が入ってくることは悪くない。
やはり、ワタシたちは「教える」ことが第一の仕事なのですから。


テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

18 : 23 : 51 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
忙しいのだけれども。
2012 / 09 / 04 ( Tue )
特別支援教育の研修会が行われました。
授業者は「若造」。あまり参観する時間がとれなかったものの、
特別な配慮を要する子との「信頼関係」ができている・・・と彼は事後研究で照れくさそうに語った。

様々な手立てもさることながら、「信頼関係」って、やはり大事なことだと思う。
だって、障害を抱えていようがそうでなかろうが、子どもは信頼できる教師についてくると思う。


その研修会で、講師の先生がおっしゃられたこと。
「特別支援」を受ける子が「特別」なのか?

最近、確かにそう思う。
ワタシたちが「普通」だと思っているものは、本当にそうなのか。
ただ、多数決で決められているものや、「昔からそうだった」ものが「普通」として押し付けられているのでは?
よく考えると、人はみんな違う。子どもも一人ひとり違う。
一人ひとり違う個性が教室に集い、活動をする。
授業の内容は同じ方向を向かなければいけないのだろうけど、
一人ひとりの達成させたい目標や、それまでの手立ては、当たり前のように違っていいのだろう。

できれば30人いれば、30通りの手立てを作ることができればいいと思う。
そして、一人ひとりの子どもたちのがんばりを見守ることができれば。



・・・・・・とは言っても、実際はそうもいかないことが多い。
できて3~4パターン。自転車操業のこの仕事、きっと上手くいかないことが多い。


さすがに「無理!」と特別支援担当の方にお願いをして、
今度から、支援員の方に教材の準備などを手伝ってもらうようにしてもらった。

これは、今の自分なりのチャレンジ。
一週間先の授業の支度を組み立てている。
そうすれば、支援員の方に余裕をもってお願いできるし、
手立てとして作ったものを、他のクラスに「再利用」してもらうこともできる。

忙しいこの仕事を改善していくのは、チームワークしかない。



忙しいのだけれど、ただ教科書に書かれていることを、
すべての子に「読ませ」「考えさせて」「解かせて」って、できないことだと思う。

特別な支援は、「特別」なのではないと思うようになった。
その支援は、特別支援を要する子には「必要」なものだし、
グレーゾーンの子にも「効果的な支援」であるからだ。

忙しいけど、やってみようと思う。


これが、ワタシの仕事。

ちょっとだけ給料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ま、これがホンネだけれども。

22 : 42 : 04 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。