負けてもいいって時は。
2008 / 05 / 28 ( Wed )
今日はリレー大会。

子どもたちはそれなりに気合が入っている。

しかし、担任としてテンションは今一歩。
持ち上がりだからだろうか、昨年度より明らかに遅いということが分かってしまっていた。
足が速い子がワタシのクラスから抜け、足が遅いっと分かっている子がワタシのクラスに入り・・・。
(あ、残酷なものの言い方ですね。失礼。)


もちろん、体育でバトンタッチの練習をしていましたよ。
ただ、子どもたちの熱意がまだまだだったということで、
これは担任の責任であると思っています。

結果は最下位。まさに惨敗でありました。

しかし、最下位を生かすことができます。
教室に戻ってきて、子どもたちに作文を書かせました。

「ほんとに一生懸命だったのかな」

子どもたちはよく書く。

この作文は運動会に向かって書かせてみました。
この作文を運動会への取り組みに生かそうと思うのです。


ええ、プラス思考。臥薪嘗胆です。


↓じゃ、今日も忙しいので、このへんで。
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

17 : 47 : 16 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小さいのに、立派なモノをお持ちなのね。
2008 / 05 / 27 ( Tue )
「先生、生まれてる」

4月に四国から転入してきた子は観察の鬼。
授業中でも、ずっと虫を観察し続けている。
まぁ、ワタシはそんな彼の様子をある意味リスペクトしているが。

そんな彼が今朝真っ先に発見したのは、カマキリの赤ちゃん。

「カマキリは不完全変態だから、赤ちゃんでもカマキリや」

彼の愛読書は図鑑。
ワタシより知識量は豊富。
この頃の子どもたちは、好きになったものは徹底的に好きになる。
○○博士が生まれるのは、きっと小学校3年生の時に違いない。


「じゃ、今日の理科はカマキリの観察ね。」と彼に提案。

彼とともに飼育ケースにわんさかと生まれたカマキリを1匹ずつビーカーにいれ、
どの子も観察しやすいようにする。

200527

気がついたら、ワタシの腕によじのぼる。

あぁ、やはりナマがいいです。子どもが生き生きとします。

このカマキリ、詳しく見ると面白い。
足の先にはギザギザがある。
ガラスのビーカーの中で逆さに逆さにされても、落ちない。
鎌も立派。猫のように舌なめずりもする。まさに狩人の習性。

「日本刀に血がついていると切りにくいやろ。
 カマキリも同じだ。」と彼は言う。
その彼に敬服。


3年生の担任でなければ、ここまで詳しく見ることはないだろう。
子どもとともに発見しながら見る理科は本当に楽しい。

⇒そんなワタシの一日でありました。今日も明日もがんばります。

にほんブログ村 教育ブログへ



テーマ:たのしい学校の活動のようす - ジャンル:学校・教育

18 : 37 : 20 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
陸上って、すごいスポーツなんですね。
2008 / 05 / 26 ( Mon )
日曜日のことですが、更新します。

日曜日は市の陸上記録会がありました。
うちの子どもたちは、足が速いほうではないです。
特にトウヘンボク君なんて、遅いほうです。

でも、市の競技場で走る機会なんてなかなかないことですので、
親としては参加させてみました。
まずは経験だからと。


で、日曜日。

静岡は雨。
ちなみに、大雨警報発令中。

息子が走るときには車軸のような雨。
駐車場が水没しそうだから、車の移動をお願いしますという放送も出た。

それでも、陸上は行われる。
なんて、ハードなスポーツなんだか。


そして、娘のとき。
雨はやんできたものの、

200502601


霧の中。
ゴールテープもないもので、まさに娘は霧中(いや夢中か)で走ったそうな。


あぁ、陸上ってどんな天気でも行うんですな。

ふと考えたことですが、サッカーとかヨーロッパ系のスポーツは、雨でもやりますね。
野球はアメリカ系だから雨天中止なんでしょうか・・・。


ま、親としては屋根の下にいながらも、風によって雨が吹き付けられて、
ほとんどびしょぬれになったまま4時間、競技場のベンチで過ごしました。

ま、親としては、子どものがんばりが、2人合わせて1分もない時間ですが、
それだけでも十分でありました。


一日中、引率の仕事をされた先生方や、陸連の皆様、
本当にお疲れ様でありました。

では。

にほんブログ村 教育ブログへ

テーマ:教師の休日 - ジャンル:学校・教育

18 : 15 : 03 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やはり生がいいです。ナマが。
2008 / 05 / 22 ( Thu )
昨日は、指導主事訪問でありました。
簡単に言うと、先生の授業への指導。
今回のお題は「理科」でしたので、学年部で「昆虫を育てよう」の学習を受けました。

今、思うのは、昆虫を育てるのは、楽しかったし、子どもを育てるなぁってこと。

授業をされた先生のアイデアで「アオムシ君健康手帳」を作っていました。
毎日、少し時間を取り、子どもたちは自分のアオムシの記録を取ってきました。
もちろん、自分でアオムシの名前が命名できます。

これ、子どもにとって愛着を持たせるためのいい手立てでした。
今週のはじめ、サナギを不注意でつぶしてしまった子がいて、
1時間以上泣いていたんです。
その子の健康手帳は「14日目」までがんばって、ようやくサナギになったので、
この悲しみはとてもこの子のためになると確信しています。


で、今日、リアルタイムで羽化を観察することができました。
普通は朝方に羽化するものが多いのですが、昼間にです。

4時間目の授業は急遽「理科」に変更。
じっくりと羽化の様子を観察しました。

20052201


チョウは時間をかけてじっくりと羽を広げます。
足を上にあげて、何かをつかみたがっていたので、
キャベツの茎によじのぼらせて、
子どもたちとじっくり観察。

20052202


飛び立つまで約1時間40分。
子どもたちはじっと見ていました。すごいです。


今回の授業は、例年より早めの指導課訪問でしたので、
全国の学校ではこれからこの学習が行われることでしょう。

どうぞ、全国の3年生の先生方。
うちの学級の子たちは確実に理科好きになっています。
チャレンジしてください。

↓そんなわけで、ワタシもがんばってみます。
↓同じ学年部のネットショッピングに夢中な先生の授業、とても見事でした。
↓では、これからもがんばります。
にほんブログ村 教育ブログへ

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

18 : 26 : 29 | お仕事 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
思わず拍手!
2008 / 05 / 21 ( Wed )
忙しいというか、精神的に余裕がないというか、更新が滞ってます。
それはあくまでも個人的理由。

子どもたちの前では元気にやっております。


モンシロチョウが羽化して飛んでいきました。

はじめは羽が固まりきらないのか、おぼつかない飛び方。
子どもたちは心配げに見守ります。

でも、次第に空に向かって飛んでいく。
ベランダに出て、チョウの様子を見守る子どもたち。

はじめは落ちていってしまった。
でも、ツツジの花に着地。
そして、また空に飛びたつ。


子どもたち、思わず拍手。
子どもから自ずと湧いてきた。

あぁ、いい瞬間だなぁと思うんです。


↓あぁ忙しい日々でありました。
↓ま、これからもこれからも忙しいのですが
↓ぼちぼちとぼちぼちとがんばります。
にほんブログ村 教育ブログへ

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

17 : 53 : 45 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あ、あなた、生まれる!
2008 / 05 / 15 ( Thu )
最近なかなか更新ができません。
それは自宅にネットが入らないからです。
先日、ついに導入できるかと思ったのですが、
ホームテレフォンの都合とかなんとかでADSLを認識できないそうで、
ネット導入がまだまだ先になりました。

そんなわけで、日々更新というスタイルはなかなか復活できそうもないです。
すみません。



気分を変えて、久しぶりに記事を。
チョウばかりなんですけどね。


ベランダで育てていたキャベツにたくさんのアオムシがついていました。
昨年度からキャベツをプランターに植えていたのは正解です。

が、アオムシにとってサナギになる場所を選ぶのが大変だったようですね。
先日の記事のようにとんでもない場所でサナギになってしまいました。

今週も、それらの無法者のサナギが続出。
ワタシとしては、このままほっておこうかと思っていたのですが、
昨日、羽化に失敗してしまったモンシロチョウが出てしまいました。
羽がしっかりと伸びきらなかったのです。

子どもと自然の厳しさを改めて感じるワタシ。
今日は、危険な場所でサナギになったものたちを集め、
ビニールシートに接着しました。

20051501



実は、これ、もう一つやりたいことがあるからです。
それは、やはり「羽化」の瞬間を子どもたちと見たいと思っているからです。

ですから、黒板にこうしてしまいました。

20051502


すみません。あくまでも仕事は楽しく行いたいからです。



そんなわけで、今日も明日もがんばります。
更新がなかなかできないですが、ま、ワタシなりに。

にほんブログ村 教育ブログへ

テーマ:たのしい学校の活動のようす - ジャンル:学校・教育

18 : 44 : 00 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
侵入者潜入。
2008 / 05 / 09 ( Fri )
あぁ、家庭訪問は忙しい。
というか、ワタシの家庭訪問って、きっと駄目な方だと思うんだ。
玄関だけで話をすませて、訪問予定時刻をしっかり守れればいいのに、
相変わらずお母さんの話に耳を傾けたり、自分で話を聞いたり・・・、遅れますね。これでは。



さて、うちの教室には最近侵入者が多い。

それはサナギ。
ベランダで育てているキャベツにいた幼虫が、サナギになる時期を迎えている。

気がついたら教室の壁はサナギだらけ。

あぁ、羽化が楽しみ。



しかし、中にはツワモノがいる。
いや、ベランダにたむろする子どもたちを避けているのだろう。

こんなところにサナギを作りおって。

20050901



しばらく、子どもたちによると、この水道は「使用禁止」だそうです。


アップで。

20050902




他にも、雑巾がけにも。

20050903


おかげでこっそりこっそりと、子どもたちは掃除している。
そんなところがかわいいというか。

(まぁ、ケガの巧妙か。子どもたちは静かに掃除を行っています)


なんというか3年生の学習は楽しい。
学習というか活動ばかりなんだけど。


あぁ、こんな教室。
ワタシとしては楽しくて仕方がない。


↓なかなか更新ができませんが、ランキングの位置をキープしているこの今に感謝申し上げます。
↓ワタシとしては、ぼちぼちとブログも仕事もがんばります。では。
にほんブログ村 教育ブログへ

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

18 : 34 : 22 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
息も絶え絶えなワタシの心に染み渡る意気。
2008 / 05 / 08 ( Thu )
あぁ。忙しい日々。

短い記事で、更新させていただきます。



連休明けは家庭訪問であります。
午後は子どもたちにとって、さながら連休が続いているよう。

担任はそれぞれの家庭を伺う。

今年は持ち上がり。4分の1のお宅に「再訪問」。


そこで言われたこと。

今年も先生だと子どもに言われた時、
嬉しくて親子で抱き合いました。


こう言われて意気に感じない教師はいないでしょう。


ホント、忙しい日々で、個人的にマジでいっぱいいっぱいではありますが、
ワタシはワタシなりに、この温かい声援に応えていきたいと思います。

では。


にほんブログ村 教育ブログへ

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

18 : 20 : 44 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チョウに魅せられて。
2008 / 05 / 02 ( Fri )
こんばんは。
小学校教師の休みはカレンダー通り。
数字が黒い日は学校で仕事であります。

ま、中には11連休とか、14連休とかいう保護者の方もいて、
この3日間、「○○へ行きます~♪」とお休みする子もいたりして。

でも、実はそのような幸せなお子様をうらやましいなぁと思っていたりして。


そんな小学校教員、自分の子どもにはこのようなことをさせておりました。
それは、

200502


モンシロチョウの採取であります。


3年生の理科では「昆虫を育てる」活動があります。
それもタマゴから育て、成長のプロセスを観察させる必要があります。

ですので、モンシロチョウの捕獲からはじめました。


もちろん、合法的に。
キャベツの収穫が終わった畑に入る許可をいただいて、子どもたちと捕獲を始めました。

モンシロチョウの天敵に「アオムシコバチ」というハチがいます。
アオムシの体内に卵を産みつけ、成長したアオムシのお腹を食い破って出てくるものです。

子どもたちが昨年度から育てているキャベツにはたくさんのアオムシがいるのですが、
成長の過程を見るときに、その衝撃的なシーンと出くわしてしまったら、
きっと一生のトラウマになるかもしれませんので、
できれば寄生されない卵の段階から指導をはじめたいのです。

もちろん、キャベツ畑で卵を採取すればいいかもしれません。
しかし、うちの学年は100名を超える大所帯。
せめても1人に1つタマゴを確保するためには、モンシロチョウのメスを捕まえ、
キャベツを入れた飼育ケースに入れ、卵を産みつけてもらう必要があるのです。

この日も10数匹、モンシロチョウを捕まえ、学校の職員室に作った「実験装置」の中に入れ、
タマゴを産んでもらえないかと頼んだのですが、上手にできませんでした。
既に交尾を済ませたメスは、羽を広げたまま下腹部をつきあげる「交尾拒否」の姿勢をとっていました。

だからこの実験は失敗に終わりました・・・。


でも、よくよく考えると、モンシロチョウにとって最大の天敵は人間だなぁと思います。

タマゴを生むために、下賎な話ですが交尾をする相手を探して空を飛び回っているのに、
人間に捕まえられて、「タマゴを生め!」と強要されるのですから。

これが人間だとしたら、きっと大きな問題になりますよね・・・。



それでも、畑で見つけてきたタマゴをもとに子どもたちの学習は始まりました。
コンビニでサラダが売られているような容器にタマゴを入れ、
キッチンペーパーに軽く水を含ませ、キャベツの鮮度が落ちないようにします。

授業ではタマゴの様子を詳しく観察することで、まるで「トウモロコシのようだ」と
子どもは喜んでいました。

ま、苦労しながらも子どもの喜ぶ姿を見ることは幸せであります。



・・・で、連休といきたいのですが、学年部から「タマゴを50個確保」というノルマが出ました。
今月の後半に、指導主事訪問という行事で、モンシロチョウを扱った授業を学年の先生が
お見せするからです。

きっと、おこりんぼさんがバイトに出かけた日、ワタシと子どもたちは誰もいない畑で
モンシロチョウの卵を探しているのでしょう。


あぁ。素敵なゴールデンウィークであること!!



どうぞ皆さん、素敵な連休をお過ごしくださいませ。

ワタシはワタシなりにがんばりたいと思います。

そんな小学校教師の仕事にねぎらいの1クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 教育ブログへ



テーマ:たのしい学校の活動のようす - ジャンル:学校・教育

18 : 31 : 43 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ま、ぼちぼちと仕事をしております。
2008 / 05 / 01 ( Thu )
久しぶりに記事を書こうと思います。

ま、いろいろありまして・・・書く気が湧きませんでした。
ま、それはそれはいずれお話しするとして。

それでもランキングに投票してくださる方がいらっしゃいますので、
ワタシなりに短いながらも今日は書きます。


総合学習の続きを。

子どもたちは「草の名前を調べたい」と自分たちの考えを出しました。
雑草を「雑草」ととらえないこと、子どもの目に彩りを加えること。


でも、なんでも自由にやらせるのが総合ではありません。
学び方を指導するのも大事です。


で、先日はヨモギ限定で調べさせました。


200501


ネズミの目線・ネズミの目線。
できるだけ詳しく書くように促しました。
子どもたちに「ヨモギ」であることは教えませんでした。
翌日に、図鑑で名前を調べさせたかったからです。

きっと、3年生の子どもたちにとって、名前が分かる手立ては絵や写真と一致することですし。



で、今日、子どもたちは図鑑で調べました。
面白いことをよく気づきます。

・ヨモギは「草もち」になること
・薬草にもなること
・においがとてもよくて、お灸にも使われること

子どもたちは、初めてモノを知る喜びを感じていました。
これが「トキメキ」であります。


今回の指導があるからこそ、
次の活動に子どもたちの思い思いにすることができる余裕が生まれるというものです。


ま、忙しい日々ですが、とりあえずワタシはがんばります。
ランキングの方はぼちぼちでかまいません。


では。

にほんブログ村 教育ブログへ

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

17 : 51 : 31 | 総合学習について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |