スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
久しぶりに体の中に入れてみたら。
2010 / 08 / 13 ( Fri )
気がついたら、退院して一週間が過ぎました。
ぼ~っと、日々は過ぎていきます。
あぁ、今年の夏休みはどこへいくのだい?


昨日、病院に検診に行きました。
まだ腫れは少々残るものの、健康そのもの。

夜、久しぶりに缶ビールを一本。
今まで飲めなかったから、夏らしくな~いと思っていたので、
ガーと飲んだら、あっという間に気持ち悪くなりました。


なんていうか、まだ体は回復してないのでしょうね。


あぁ、ワタシの夏休み。
スポンサーサイト

テーマ:教師の休日 - ジャンル:学校・教育

19 : 07 : 44 | 扁桃腺手術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
退院しても。
2010 / 08 / 07 ( Sat )

体がいつものように動きません。

それでも家族に貢献するため、朝から電気屋さんの前で待ち続けてました。

あくまでも、リハビリです。
10 : 03 : 09 | 扁桃腺手術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「お大事に」「大丈夫」 そして「お元気で」。
2010 / 08 / 06 ( Fri )
丸一週間の入院生活。
喉の痛みはまだまだですが、今日めでたく退院します。

手術はあっという間でした。

それよりも、看護師(この書き方が正しいンすね。)さんのお世話になったり、様々な患者さんの様子を垣間見たりすることの方が、
普段学校に缶詰めになっているワタシにとって貴重でした。

また、自分が上手く喋られなくなり、ご飯を食べる時間が格段に遅くなったことも、普段の「当たり前」に気づかされることになりました。


木曜日の午後、北海道に旅だっていた娘も見舞いに来て、久しぶりに家族が揃いました。
で、ひとしきりバカな会話をし、見送った後、病室にはもう一人新しい患者さんが入っていました。

ワタシが少し変な声であいさつして、その方がお話しされた言葉が刺さりました。

「実はガンでして。
今度は首に転移したんです。
どんな薬も効かないもので、
切るしかないんですよ。」


ワタシは幸いにも元気です。
今回の手術も言わば「整形手術」ぐらいなものです。


あまりの重みの違いに、ズガンと、きました。
どう応えていいのか分からなかったです。


ワタシの口から出た言葉は「お大事に」。


言葉は薬でもなんでもないのですが、
今、振り返ると、これでよかったと思います。

ワタシはその方のために何もできません。だから「がんばってください。」と言えませんでした。また、どんな病状なのかも知らないですし。
だから、願うしかできないと思います。

餅は餅屋。
医療行為は医師と看護師さんのお仕事です。

学校なら「がんばろう」と声をかけて、手立てを打つことができるのですが、ワタシには、やはり願うだけなんです。


だから、病院では「お大事に」って言葉を使うのでしょうね。相手の未来に幸あることを願って。


学ぶことが多かった入院生活でした。

お世話になった看護師たち、
家と病院の往復を暑い中がんばったおこりんぼさんに、
感謝であります。



では。
09 : 55 : 29 | 扁桃腺手術 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
対処。
2010 / 08 / 06 ( Fri )
喉が痛くて目が覚める。

入院中、ほとんど。
痛み止め飲んで、
ベットに横になる。

痛み止めは液体。
喉の中で滲みる。
それはそれで、痛い。


朝になれば、ついに退院。

嬉しい事なんだけど、
完全に回復したわけではない。不安である。
(当たり前か。)


今夜に限って、
なかなか寝付けない。


ホント、夜から朝にかけての痛みに
これからも対処していくのだろう。
01 : 57 : 07 | 扁桃腺手術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
どんな仕事も、それはそれで。
2010 / 08 / 04 ( Wed )
今日、ようやく「退院」という声を聞きました。

ただ、主治医でないと断言できないそうで。
今時点では、糠喜びってところ。


ま、そんな事でめげてもしかたがないっと、
勝手に前祝いと銘打ち、昼食後売店でアイスを買い、病室で食べようとしたら、
自分より明らかに大きな方が二人も入室されてて、驚きました。

やはり、こうして病院の仕事も回転していくんですね。


その方々に看護士さんは詳しいお話しを聞いていきます。
既往症、飲んでいる薬、運動、タバコや飲酒の経験など、
丁寧に聞いていきます。

そんな話を失礼ながら、聞き耳を立てていました(いや、自然と聞こえてくるから)。

看護士さんの薬など医学的な情報をできるだけ多く聞こうとする姿勢も、
ちょっと危ないクスリを使っていた事を聞いて「あら、やんちゃだったのね。」とやんわりと聞くところも、
とても興味深いプロの姿勢だったと思います。


ワタシは転校生が着た時は前の学校の様子をあまり詳しく聞きません。
クラスに入ってからの子供の様子を見て、声をかけていきます。

ある意味、適当です。

でも、医学は命に直接関わることですからね。
科学的に、重要な要素はたくさん取り込もうとする姿勢はよく学ぶべきところだと思います。


仕事の事はあまり考えないようにしようと思っていたのですが、
どうしてもワタシはワタシの仕事がしたいのですな。

喉からの発声は、まだとても国語が教えられる段階ではないですが、
そう思います。


あと一つ訂正を。
向かいの方のベットの調整をされる看護士さんの姿が目に入り気がつきました。

スカートはいてます。


どうして、退院直前まで気がつかなかったんだ!?
16 : 27 : 11 | 扁桃腺手術 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
個室というか。
2010 / 08 / 03 ( Tue )

孤室です。

一緒に入院した方か退院されて、ワタシは大部屋にひとり。

よし、豪快に夜景でも見ながら寝てやるか!

と思ってみたが、落ち着かず、結局カーテンを閉めてしまった。普段の家と同じサイズがいいんです。広すぎます。

教員の車はカローラが適当と昔の主任がいってましたが、ま、そんなカンジですわ。




ワタシの喉もだいぶ余裕が生まれてきました。

余裕が出てくるのと、今まで気にならなかった事が見えてくるものですね。
例えば、いつも食堂で奥さんと常食を食べている旦那さん、実は脳梗塞から復帰中。
で、奥さんは毎食お弁当持参されていることとか。

また、毎度給食のおばちゃんが食事を運んでくるワゴンはレバーがあって、引っ張るとモーターが動いてアシストしてくれる仕組みなんだけど、
ワゴンの前後どちらもレバーを引っ張ってしまうと故障の原因になるから要注意とか。

あと、売店でジュースを買い、自分の小さな復活に喜ぼうとしたら、ワタシの喉はストローで水が吸えなくなっていることに気づいて凹むとか。
(未だに嗽ができません)


今、喉の痛みとしゃべる時に喉が上手く使えないことが気になるだけで、だいぶ余裕が生まれてきた事に感謝するのと、
病院にお世話にならないように普段の養生を大事にしたいと思います。



明日位に「退院いつにする?」と聞かれる事を期待して、寝ることにします。




そういえば、この病院の看護士(婦)さんって、スカートじゃないよね・・・って事も今日気がついたことでした。

では。
22 : 19 : 13 | 扁桃腺手術 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
キモチよかったぁ。
2010 / 08 / 03 ( Tue )

五日ぶりですか。

お風呂入れて、
スッキリしました。

当たり前のことができる
この大切がよく分かる日々です。


11 : 38 : 15 | 扁桃腺手術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
喉ごし。
2010 / 08 / 02 ( Mon )

なかなか食べ物が喉を通らない。

昨日の昼飯にアイスが出たけど、少しずつ口に入れていたら溶けてしまった。

これはさすがに辛い。
水が飲めないのに、喉が渇く。
自分の体が水を欲しているのに、入り口が拒絶反応起こしてどうするって感じ。

これは生まれてきて初めての危機。
だって、生まれたての赤ん坊だって、飲み込むことができるし。




フラフラとする自分。
これではマズイと、洗面台の前に椅子を置き、痛み止めの薬と水を少しずつ飲みはじめた。
吐き出したくなったら、すぐに洗面台にだせばいい。


多分1回に1ミリリットルもないくらい少しずつ飲みつづけた。時間をかけてちびちびと、飲みつづけた。



ここでさすがだと思ったのは、スポーツドリンク。飲みやすかった。
とてもうれしかった。


その勢いで夕飯に立ち向かう。まだ流動食。食べないと次のステップに進めないらしい。
少しずつ重湯をスポーツドリンクとともに流し込む。
手にはいつでも吐き出せるようにタオル。


悪戦苦闘であるが、食べられてうれしかった。
06 : 02 : 04 | 扁桃腺手術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
痛み、おさまらず
2010 / 08 / 01 ( Sun )
まだ、喉の腫れはおさまらず、むしろひどくなってきた気がする。

大敵は咳。
咳込むと喉は真っ赤になり、傷口が裂けそう。


昨晩の食事も流動食だったが、食べ残していたしまった。
普段「出された物は全部食う」と言っているのに。


相部屋だった人が退院。
かなりうらやましい。

今週いっぱいの入院予定。
今出ても迷惑かけるだけとあきらめて、喉の痛みを我慢する。
05 : 36 : 11 | 扁桃腺手術 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
赤ちゃんがえり。
2010 / 07 / 31 ( Sat )

今朝の朝ごはんは流動食。
赤ちゃんに戻りました。


恐る恐る口に運ぶ。
喉の中は腫れ上がっているから、
飲み込む時は痛い。

でも、自分の口から食べ物が体に入るという感覚が
改めて嬉しく感じた。


昼食も流動食を、見舞いに来たおこりんぼさんと食べる。
病院近くのコンビニで買ったお弁当はおいしそうだったが、見るだけで満足。

きっと喉を傷つけてしまいそうだ。

では。
15 : 12 : 02 | 扁桃腺手術 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。